1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『陪審15号法廷(和久峻三)』 投票ページ

陪審15号法廷

  • 著者:和久峻三
  • 出版社:勁文社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/07/11
  • ISBNコード:9784766937787
  • 復刊リクエスト番号:42784

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

かつて日本でも陪審裁判が行われていた時代があった。そんな昭和四年に事件は起きた。不倫殺人事件の裁判で、被告人が無罪を主張する事件。検察官と弁護人双方が自らの主張に自信を持つ中、証人として出廷した女性が、こともあろうに法廷という密室内で何者かに殺害されるという事件が発生する。陪審裁判と密室事件の関係はいかに?

(リクエストはケイブンシャ文庫(勁文社)で登録しましたが、角川文庫版や双葉文庫版もあります。ただ、いずれにしても品切れ入手困難なことに変わりはありません。)

新着投票コメント

かつて日本で行われていた陪審裁判を学べます。裁判員制度が実施されようとしている今だからこそ価値ある本だと思います。また、法廷ミステリとしても傑作だと思います。 (2008/07/11)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/07/11
『陪審15号法廷』(和久峻三)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る