1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『アンドレイ・タルコフスキーの『鏡』の本(アンドレイ・タルコフスキー出版会)』 投票ページ

アンドレイ・タルコフスキーの『鏡』の本

  • 著者:アンドレイ・タルコフスキー出版会
  • 出版社:リブロポート
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2001/06/05
  • ISBNコード:9784845709267
  • 復刊リクエスト番号:4258

得票数
67票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

映像詩人ともよばれるソ連の映画監督故アンドレイ・タルコフスキーの映画『鏡』の本です。『鏡』はタルコフスキー自身の子供時代の記憶がモチーフになっており、とても美しい映画です。この本には映画の一コマ一コマの写真が豊富で映画を追体験できます。

投票コメント

この本は、発売当時かなり無理をして買いました。予約までして。 タルコフスキィ信者たるもの、この本を抱えて佇むと、うっとりしてしまいます。 でも、映画と同様に、この本を理解するのも結構骨が折れるのではないかと。 もし復刊するのならば(売れるとはとても信じられませんが)、現在の視点を加味し て追記される事を望みます。 (2006/05/21)

1

現在、オークション等でも高値で売られており、 滅多に手に入れる事が出来ません。 一度、東京の大きな図書館で目にする機会がありましたが、 このような大きな本では購入しなければ タルコフスキーについて理解することができません。 是非、復刊を望みます。 (2005/11/04)

1

たくさん見た映画の中でもタルコフスキー監督の「鏡」の映像の 夢のような美しさが瞼の裏にずっと残っています。映画館でも、 いつでも見られるというわけではないし、本というかたちで手許 に持っていられるならとても幸せです。 (2003/10/31)

1

『鏡』を一度見ただけでは、よくわからない場面が多い。フォークナーの『響きと怒り』の構造と非常によく似ていて、何の前触れもなくきれぎれに映像が繋ぎ合わされつつも、意識の流れ―記憶の断片を意識的に組み立てようとする試みがある、とまあ言えるんじゃないかと思います。で、こんな本があるとどこがどう合わさってどうどうほどけているのかを読み解くのにひじょ~に助かる、有難い、んふふふっ、ですのでどどうか復刊してください。 (2003/07/31)

1

涼

「鏡」については、タルコフスキーの著書『映像のポエジア』で監督自身のコメントを読みましたが、こんな本が出ているのは知りませんでした。監督の作品の面白い(凄い)ところは、映画を観た後で関係する本や資料を読んでも、興醒めするどころかもっと理解を深めたい気持ちに駆られる点でしょうか。 (2003/06/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

価格高騰のため (2016/04/17)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/06/05
『アンドレイ・タルコフスキーの『鏡』の本』(アンドレイ・タルコフスキー出版会)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

TOPへ戻る