1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『猫舌男爵(皆川博子)』 投票ページ

猫舌男爵

  • 著者:皆川博子
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/06/17
  • ISBNコード:9784062123273
  • 復刊リクエスト番号:42470

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

表題作の「猫舌男爵」で抱腹絶倒、「睡蓮」で激しい愛に酔い、謎を味わう。他、幻想的で印象深い短編が5編収録されています。

投票コメント

知人から「昔読んだことがありとても面白かったので、また読みたいのでどこかで入手してほしい」と頼まれ、ネット上でいろいろ探し回りましたが、アマゾンで中古3000円位というほかは見つかりませんでした。 ネット上で検索した際にも、「こんな面白い本がナゼ絶版?」「買おうと思って探してみたらもう絶版になっていた」といった意見がいくつも見られたので、きっと欲しい方は少なくないのではないでしょうか。 ぜひぜひ復刊をお願いいたします。 (2011/09/21)

1

本当に絶版なんですか?とてもショックです。皆川博子さんの短編集の中で、私はこの『猫舌男爵』が一等好きです。短編ひとつひとつの味が短編「集」となることで絶品になっている、無二のものだと思っております。是非復刊を。 (2008/10/31)

1

比較的明るめで親しみやすい収録作に驚きました。初心者向けでもあると思うのでぜひ復刊して頂きたいです。 (2013/11/20)

0

古本で見つけることは非常に難しく高値が付けられています。ぜひ復刊して欲しいです。 (2011/06/26)

0

何故にこの本が絶版に!もったいないです。刊行からそれほどたってないですし、復刊して欲しいです。 (2009/04/29)

0

もっと見る

新着投票コメント

読みたいから (2018/07/07)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • ところで、この本どうして文庫化されないんだろう?とっても不思議だ。

    beck 2013/03/13

    本書には五編の短篇が収録されているのだが、どれもが素晴らしかった。

    巻頭の「水葬楽」はSF仕立ての作品。多くのキーワードが散りばめられ、それが効果的に配されたボードレールやランボーらの近代フランスの詩句と相乗して隠喩に満ちた透明な物語となっている。兄と妹の秘密は最初からわかっている。それが暗い陰となって物語全体を覆っているが、これがまた退廃的でいいんだなぁ。

    次の表題作である「猫舌男爵」は、言明されてはいないのだが、おそらくポーランド人と推察されるある学生が翻訳した日本の小説のあとがきから幕を開ける。このヤン・ジェロムスキという学生は、古本屋でヤマダ・フタロの『THE NOTEBOOK OF KOGA'S NIMPO』という本を見つけて読
    み、大いに感銘を受け日本贔屓になったというのだが、そんな彼がある日友人から譲りうけた針ヶ尾奈美子の「猫舌男爵」を翻訳して自費出版したという経緯があとがきに記されている。しかし、このジェロムスキの筆勢はあまりにも自由奔放で、ヤマダ・フタロのニンポの話から、第二次世界大戦の特攻隊に飛び「猫舌男爵」の解釈から拷問史に話が飛び、猫舌の話から日本語の難解さに話が意向していくという連想の数珠繋ぎとなっている。ここで大いに楽しませてもらったのも束の間、以降に続く書簡やメールの数々にてこのヤン・ジェロムスキなる学生の奇妙な人物像が浮き彫りにされていくのである。ここで実在の人物である日下三蔵や千街昌之らを登場させたところがなかなかおもしろい。また針ヶ尾奈美子という作家なんていたかな?と考えてみると、これは皆川博子のアナグラムとなっているのだ。

    「オムレツ少年の儀式」は、タイトルから連想するになんとなく楽しい作品かなと思ったのだが、とんでもなかった。プラハを舞台にした短い作品だが、ラスト三行の衝撃はなかなかのものだ。

    「睡蓮」は、書状や日記や新聞記事などを羅列して構成された作品で、時系列を逆にたどっていくことによって物語をよりドラマティックに語ることに成功している。ここで描かれるのはエーディト・ディートリヒという一人の女性の生涯だ。天才女流画家として華々しくデビューした彼女がなぜ精神病院にて死去することになったのか?1880年から1969年のドイツを舞台に描かれるこの作品はなかなかミステリアスで読み応えがあった。

    「太陽馬」は、スターリングラード攻防戦で、ドイツ軍に協力するコサック人青年が主人公。ポリシェビキに包囲され投降するか死を選ぶか余儀なくされた彼らの行き着く結末は?この作品も構成が揮っていて読み始めはこの上なく幻想的な物語に少し戸惑う。それが現実と溶け合いながら、ドイツ軍の進退やコサック人へのポリシェビキの迫害の歴史などと同時に描かれていく。非常に悲惨な物語。しかし、ラストはある意味カタストロフィに彩られた心に残る幕切れで、悲壮美にあふれている。

    というわけで、五編とも心から堪能した。何度もいうが、本当に素晴らしい短篇集だ。読んでよかった。ところで、この本どうして文庫化されないんだろう?とっても不思議だ。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/07/07
『猫舌男爵』が10票に到達しました。
2008/06/17
『猫舌男爵』(皆川博子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る