1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『怪談の悦び(南條竹則)』 投票ページ

怪談の悦び

  • 著者:南條竹則
  • 出版社:東京創元社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/04/11
  • ISBNコード:9784488555016
  • 復刊リクエスト番号:41752

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

現代を代表する怪奇小説翻訳家・南條竹則氏による英米怪談アンソロジーです。
H.R.ウェイクフィールド「ダンカスターの十八番ホール」、R.キプリング「彼等」などの恐怖の愉しみに溢れた全13編を収録しています。

投票コメント

怪奇小説を愛好する者、またこれから怪奇小説を読もうとする者にとって、本書のような文庫版のアンソロジーが手に入らないというのは大きな痛手です。収録作家のほとんどはまとまった翻訳が出されておらず、このように目に触れることのないままでは、他の作品が翻訳紹介されることも難しくなるでしょう。 それ以上に、南條竹則氏の怪奇の愉しみを伝える訳文に触れたいというのが一番です。数多い名品のなかから自らセレクションし、翻訳したという、愛着に溢れたアンソロジーが読めないというのは、大変寂しいことだと思います。 (2008/04/11)

1

南條氏の怪奇小説翻訳はいずれも面白く、この本も例外ではありませんでした。知らないうちに絶版(?)になっていてがっかりしたものです。ぜひ復刊を希望します。 (2009/04/13)

0

復刊希望!! (2008/04/14)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

怪談の悦び H・R・ウェイクフィールド 南條竹則(訳)
1,080円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/08/17
【東京創元社・2010年復刊フェア】 珠玉の怪談13編収録! H・R・ウェイクフィールド『怪談の悦び』 (3票)復刊決定!
2008/04/11
『怪談の悦び』(南條竹則)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る