1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『黒耀宮(黒瀬珂瀾)』 投票ページ

黒耀宮

  • 著者:黒瀬珂瀾
  • 出版社:ながらみ書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2008/04/05
  • ISBNコード:9784860230913
  • 復刊リクエスト番号:41701

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

わがために塔を、天を突く塔を、き光の降る廃園を

という短歌を当時現役大学院生が最初に上梓した

http://lapin.ic.h.kyoto-u.ac.jp/tanka/tanka24.html

投票コメント

読みたいから、と言ってしまうとただそれだけなのですが、理由とつけるとすれば、黒瀬珂瀾の第一歌集を読みたい、ということです。 さらにいうなれば、現時点2010年5月からみれば過去の、第二歌集『空庭』が出ている時点で、第一歌集もあわせて読みたい。当時の黒瀬珂瀾の歌の雰囲気にもひたってみたいし、いろいろなことどももあわせて興味がある、ということです。 (2010/05/16)

1

黒瀬珂瀾氏の第一歌集で、これまでに歌集はこれしか出されていません。私は普段たまにしか短歌を読まないのですが、にもかかわらず氏の短歌にはとても惹かれました。まだ氏の短歌のほんの一部しか読んでいませんが、耽美的な感じが素敵ですし、サブカルチャーを詠み込んでいるものもあって面白いです。著者は4年前に読売新聞で、サブカルチャーを短歌で詠む『カラン卿の短歌魔宮』という連載記事を書いていました(http://www.kurosekaran.com/erin/index.html)。私はその連載でこの著者を知り、歌集を読みたいと思ったのですが、当時既に出版社で在庫切れでした。同じような方がきっと全国に沢山いらっしゃると思います。また、著者は今年の4月に『街角の歌』という短歌入門書を出版されたのですが、それがきっかけで氏の歌集を読みたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ぜひとも復刊してほしいです。氏のブログによると、現在第二歌集の準備をされているようです。ぜひそれと共に、この第一歌集も読みたいです。 (2009/01/01)

1

未来ではありませんが、結社で短歌を勉強中です。古書が高価で入手しづらいため、復刊を希望します。 (2012/05/19)

0

著者にお金が入る形で手に入れたいのです。中古ではなく。 (2011/10/09)

0

現代短歌の先鋭となる本である。 ぜひ、読みたい! (2011/01/15)

0

もっと見る

新着投票コメント

new

new

短歌タイムカプセルという現代短歌がまとめられた本でこの方の歌を読みました。とても素敵でした。 (2018/11/11)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/04/05
『黒耀宮』(黒瀬珂瀾)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る