1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『モンテ・クリスト伯(新庄嘉章訳)(アレクサンドル・デュマ)』 投票ページ

モンテ・クリスト伯(新庄嘉章訳)

得票数
201票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

説明する必要がないくらい有名な話ですが、あらゆるエンターテイメントが詰め込まれた傑作です。

投票コメント

学生の頃、図書館から借りて読みました。キリの良いところまで読み進めようとしているうちに、気づいたら夜中の3時に。あんなに夢中になって読んだ本は初めてでした。岩波文庫も読みましたが、面白いけれど、あの時の高揚感はなく、訳が違うとこうも違うのかと実感したのでした。最近もう一度読みたくて、ようやく新庄嘉章さんの訳だとわかった次第です。もう一度読んでみたいです。 (2018/05/09)

1

作品を手に取るにあたって、新庄氏の訳が読みやすい、生き生きとしていると聞き気になりましたが、絶版して久しいという事で非常に残念です。 既読者の熱のこもった言葉に、是非この訳で読んでみたいと思いましたので、一票投じさせていただきます。 (2017/03/10)

1

栞

私が知る限り、『モンテ・クリスト伯』の日語訳の中でも一番素直に読みやすい翻訳版だからです。 岩波の文語訳版も格調高いですが、すんなりとストーリーを楽しみたい、通快活劇な復讐劇をお望みならこちらがオススメ。 惜しむらくは廃刊、古本や図書館のボロボロのものしかない現状から、復刊を希望します。 復刊したら間違いなく確保しますよ! (2017/02/19)

1

モンテクリスト伯の中でも読みやすい訳だと思います。 絶版のため、図書館で借りて読み返したりしてますが、保存状態が悪いために、紙がよれたり、焼けていたりで、残念です。 好きな本なので、復刊されたら購入して、何度もまた読み返したいと思います。 (2013/08/23)

1

小学6年生の頃に、家庭教師がくれた『モンテ・クリスト伯』(『岩窟王』?)を思い出し、実家で探すも行方不明。  40年前のことで、覚えているのは・・・ 約17(縦)×10(横)×2、5~3㎝(厚み)。 縦長の本でした。 青と白の風景(?)の表紙で、人物が1人いたような気がします。 1冊で完結。 字は、すごく小さかったような記憶があります。 出版社は、講談社だったような気がします。 あの頃、一心不乱に読んでいた記憶だけは残っています。 あ~、もうお1度読みたい! (2013/04/05)

1

もっと見る

新着投票コメント

もっとも読みやすい訳です。 (2018/08/08)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/05/17
『モンテ・クリスト伯(新庄嘉章訳)』が200票に到達しました。
2003/09/26
『モンテ・クリスト伯(新庄嘉章訳)』が規定数に到達しました。
2001/05/15
『モンテ・クリスト伯(新庄嘉章訳)』(アレクサンドル・デュマ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2003/10/02
交渉情報追加
出版社の窓口担当の方に連絡いたしました。
(交渉先:出版社)
2003/09/26
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る