1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『木の花 全32号(こけしの会編)』 投票ページ

木の花 全32号

  • 著者:こけしの会編
  • 出版社:私家版
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/05/14
  • 復刊リクエスト番号:38602

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1973年に設立された伝統こけしの同好会、『こけしの会』(同人:植木昭夫・北村勝史・小山信雄・鹿間時夫・俵有作・中屋惣舜・橋元四郎平・橋本正明・久松保夫・箕輪新一・矢内謙次)の同人誌。

東北で生まれた郷土玩具、こけしの魅力とその歴史的、美学的考察を中心とした同人たちの研究成果の発表の場として1974年から1983年まで、10年にわたって発行。東北を中心に、書店や民芸店などで頒布された。現在では工人の後継者不足などのため、こけしを巡る状況も出版時とは大きく変化してしまったが、本誌は高踏的な論文も多数掲載され、趣味の域を越えた優れた文献として今なお愛好家から重宝されている。
B6判で頒布時の定価は16号までが500円、17号以降は700円。

※誌名は「このはな」と読みます。

登録者の評価★★★★★★★★★★

【主な特集記事】

■カラー口絵:各号にこけしのカラー写真一葉貼込

■覚書(同人)…こけし工人の作風についての考察

■こけしに因んだ創作短歌(植木昭夫)

■戦後の佳作(北村勝史)

■古層のこけし(箕輪新一)

■袖珍こけし図説(中屋惣舜)

■はうこ考(久松保夫)

■ピーク期のこけし(中屋惣舜)

ほか、総原稿数1360頁

新着投票コメント

他に類を観ない精緻な伝統こけし評論集です。 是非まとめた形で読みたい。 (2012/09/14)

0

このような本は二度と出ない。 (2008/04/08)

0

貴重な伝統こけしの文献です。地方図書館でしか閲覧できないため、できれば合本のようなかたちで書籍化して欲しいと望むものです。 (2007/05/14)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2007/05/14
『木の花 全32号』(こけしの会編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る