1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『文章を書く心(外山滋比古)』 投票ページ

文章を書く心

  • 著者:外山滋比古
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/12/24
  • ISBNコード:9784828830377
  • 復刊リクエスト番号:37253

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

文章についての40の珠玉のエッセー集。
「料理のように」、「ピリリと辛い」、「案ずるより書く」、「日々是好日」等など・・・。
これらの独立した個々のエッセーを読むことで、初心者にも楽しく容易に文章作法を学ぶ事が出来る名著です。
個々のエッセーは独立していますが、通読すればバランス良く文章作法が学べます。
その為、読み方を選ばないのも良いところです。
私は20年前にこの本を買いましたが、未だに気に入った章を読み返したり、或いは通読したりしています。

投票コメント

私は20年来この本を文章を書く上でのバイブルとしています。 読みやすく文章の書き方を解説されており、しかもウィットに富んで興味深い。 今読んでも全く古く感じないのは普遍的な事を書いておられるからだと思います。 「生木の家」と題する章で、その頃流行していた「ナウい」と言う言葉を取り上げて、この様な新しい言葉を使って文章を書くと、文章がすぐ古くなるとおっしゃられていたのが今となっては印象的です。 この様な名文をこれから後の世代に是非残したいのです。 (2006/12/24)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/12/24
『文章を書く心』(外山滋比古)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ベネッセコーポレーションに関するQ&A

1968年の中3コースの夏頃の付録小説

ラストのシーンがさわやかで印象に残っている。海辺の崖の上の草原らしい場所で中3の男女二人が遠い海に叫んでいるシーン。

TOPへ戻る