復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

16

投票する

白いぼうしの丘

白いぼうしの丘

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 16

著者 佐々木たづ
出版社 偕成社
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784035503309
登録日 2001/04/11
リクエストNo. 3620

リクエスト内容

1959年に第1回厚生大臣児童福祉文化賞を受賞した童話集です。タイトルとなった「白いぼうしの丘」、「少年と子だぬき」、「もずに乗った孝ちゃん」、「きつつきとしゃぼん玉」、「さえちゃんの『時の道』」、「金の糸とにじ」、「ろうせきの道どこまで続く」などが収録されています。いまでは「少年と子だぬき」がポプラ社から出ているのみですが、武者小路実篤や坪田譲治も高く評価していた彼女の傑作がこのまま忘れ去られてしまうのは残念です。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全16件

  • 子どもの時に読んだ本です。
    何度も読み返し大切にしていたのですが、無くしてしまいました。是非子どもと孫とに読ませてあげたいです。
    また職場の子どもたちにも、心温まる、わくわくする物語を教えてあげたいです。
    わたしは、月夜の中三輪車(自転車?)に乗って、果物をぎゅっと絞ったジュースをいただくくだりがドキドキでした。是非復刻お願いします。50冊は買います!
    子だぬきの話しは今の子どもたちに大切な何かを伝える最高のお話しです。 (2014/09/09)
    GOOD!1
  • 幼少時沢山本を読みましたが、なかでもこの本は不思議な雰囲気をもつお話が多く気に入って何度も読んでいました。
    表題作などは昔話にあるような神秘性を感じるお話で心に残っています。
    今読んでも読んだ頃の気持ちが蘇るだろうと思います。
    自分の子に見せたいと思った時には残念ながら実家で処分されていました。
    挿絵もお話とよく合っていて、沢山の方に読んで頂きたいです。 (2014/07/08)
    GOOD!1
  • 好きな本です。何度も読んでぼろぼろになったものが実家にあるでしょう。大人になって、作者や題名を忘れていたのですが、ふっと真夜中にろうせきの道をたどった夢を見て、あれ、なんの童話だったかな、とサーチエンジンで探したところ、絶版になっていることをしりました。もったいないです。ハリー・ポッターもいいけど、大人になって急に思い出すのは、あんなおもちゃ箱をひっくり返したような童話ではなく、地味だけど生や死や、人生観のこもったああいう作品ではないでしょうか。 (2003/02/19)
    GOOD!1
  • 子供の頃、丘が真っ白になったはなしに感激しました。偕成社から85年に文庫として復刊されていたようですがそれも廃刊となってしまっているようです。本当は、イラストが懐かしい三十書房版での復刊を望んでいますが…
    あの頃の感激を子供にも分けてあげたいお父さん、お母さん方が100人集まればいいなと願っています。 (2001/04/11)
    GOOD!1
  • 読んだことありませんが、気になります。 (2014/06/07)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2001/04/11
    『白いぼうしの丘』(佐々木たづ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!