1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『洋酒天国アンソロジー(1)酒と女と青春の巻(開高健編)』 投票ページ

洋酒天国アンソロジー(1)酒と女と青春の巻

  • 著者:開高健編
  • 出版社:発行:サントリー株式会社 発売:TBSブリタニカ
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/10/02
  • ISBNコード:9784484300085
  • 復刊リクエスト番号:35738

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

現在のようにPR誌が巷に氾濫していなかった昭和31年に、サントリーの前身である寿屋から『洋酒天国』が創刊された。編集長は開高健。飲んべえたちの“民度向上”をめざしたこの雑誌は〈夜の岩波文庫〉(!?)の異名をとり、評判になった。全61冊におよぶ本誌から小説・エッセイ・対談・ピンナップ・巻頭言・編集後記の傑作を選び、昔日の名PR誌の魅力を再現する。挿絵は柳原良平氏。1983年出版。

オーナー評価★★★★★★★★★★

【目次】

■巻頭言集

■おとぼけ回想記/薩摩治郎八
世界の酒盛り
酔いどれ天国
東西女性酒豪伝

■対談傑作選
酒・女・アレコレ/大宅壮一・佐藤美子
とっておきの話/松尾邦之助・田付たつ子

■トリス相談室 洋天カウンセラー

■ぐらまあ・ふおりいず/稲村隆正(写真)辺見倶英・洋酒天国同人(文)

■目で飲んだ名場面/洋酒天国同人

■小説傑作選
喧嘩師ジミイ/谷譲次
さとるの化物/小松左京
角瓶の中の処女/今官一
四十二の目/都筑道夫

■酔族館抄(読者のページ)

■編集後記抄(開高健他)

新着投票コメント

無茶苦茶ほすぃ! (2006/11/15)

0

「洋酒天国」の全号復刻ができれば言うことなしですが…。文庫でなく、単行本での復刊を希望します。 (2006/10/02)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/10/02
『洋酒天国アンソロジー(1)酒と女と青春の巻』(開高健編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る