1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『推理教室(江戸川乱歩編)』 投票ページ

推理教室

  • 著者:江戸川乱歩編
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/09/13
  • ISBNコード:9784309401539
  • 復刊リクエスト番号:35406

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日本の推理作家たちによる推理クイズ集。編者の江戸川乱歩が当時気鋭の推理作家13名に20枚程度の書き下ろしを依頼、25の新作で構成された推理短篇集。巻末に袋綴じで解答編が載せられている。初版は1959年出版。1986年に文庫化。

以下、編者によるまえがきから抜粋。

「推理遊戯の本はいろいろ出ているが、まだ日本の作家の書きおろし作品を集めたものは出ていない。そこで、この新しい企画が立てられたわけである。短い読みものとしても面白く、同時に謎解きの知恵だめしもできるようにという注文で、日本推理小説界の中堅、新進の諸家に、一人二篇ずつ書きおろしてもらって、新作ばかりを集めたのが本書である。推理小説はトリックのある謎解き小説、犯罪者の心理描写に重点を置くもの、怪奇な人生の一断面を描くもの、人間狩りのスリルを扱うものなど、いろいろの種類があるが、この本に収めた二十五篇は、すべて謎解きの理知遊戯のための小説なので、どれにもトリックが用いられている。各作家になるべく違ったトリックを使うようにお願いしたので、ほとんどあらゆる型のトリックが取扱われているといってよい。解決篇は紙を破らなければ見られないようになっているが、一篇ずつ読者自身の解答を出してから、それを解決篇と対照し、また次の一篇を読んで、その解決篇というふうに進んでいくのが最適であろう。もっと時間のある読者は、全篇を読み終るまで紙を破らないで、各篇の読者自身の解答をメモしておいて、最後にそれを対照するという読み方もあると思う。」

登録者の評価★★★★★★★★★★

【目次】※利便上作者別に配列しました。

孤独な朝食/貨車引込線 (樹下太郎)

ガラスの眼/バッカスの睡り (鷲尾三郎)

眠れない夜/干潟の小屋 (多岐川恭)

四人の同級生/呼鈴 (永瀬三吾)

湯壷の中の死体/消えた井原老人 (宮原竜雄)

九十九点の犯罪/見えない手 (土屋隆夫)

土曜日に死んだ女/あるエープリール・フール (佐野洋)

影なき射手/表装 (楠田匡介)

見晴台の惨劇/孔雀夫人の誕生日 (山村正夫)

不完全犯罪/魚眠荘殺人事件 (鮎川哲也)

月夜の時計 (仁木悦子)

サーカス殺人事件/競馬場の殺人 (大河内常平)

薄い刃/無口な車掌 (飛鳥高)

新着投票コメント

文庫でなく、オリジナルの単行本形式で復刊して欲しい。 (2006/09/13)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/09/13
『推理教室』(江戸川乱歩編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る