1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『青い月の物語(小浦昇)』 投票ページ

青い月の物語

  • 著者:小浦昇
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/08/31
  • ISBNコード:9784478950326
  • 復刊リクエスト番号:35238

得票数
28票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

小浦昇氏の青い銅版画に、青居心氏が詩を添えた、大人向けの絵本です。

内容(「BOOK」データベースより)
月が輝いていれば、さみしくなんかないさ。月からの贈り物。

内容(「MARC」データベースより)
うれしいことも たのしいことも いつかは終わる。かなしいことや つまらないことも いつの間にか過ぎ去る。終わりは、はじまり 新しい物語が そこからはじまる。小浦昇の銅版画にやさしい詩をつけた作品集。

投票コメント

中学生のとき書店でふと手に取り、その青と不可思議な世界、添えられたことばのうつくしさに惹かれました。 そのときは持ち合わせが無く、数日後にあらためて買おうと思って同書店に赴いたところ、すでに売れてしまった後で、しばらくして絶版になってしまったことを知り心から悔やみました。 『赤い月の物語』は新品で手に入れることが出来、こちらは今も入手が可能なようですが、『青い月の物語』は絶版のままのようで大変に残念です。 できれば二冊揃えたいですし、なによりもあのしみいるような青い世界へ再び浸りたい限りです。 どうかどうか、再版をお願いいたします。 (2013/09/08)

1

この本をいただいて小浦氏を知って以来の個展にも足を運んでいます。 最近赤い月~と一緒にプレゼントにしたかったのですが、青い月~は絶版で叶わず。 みていると不思議と癒されるので、ぜひ復刊していただいて、お勧めしたいです。 (2008/08/26)

1

最初に手に取ったのは、赤い月の物語でした。 とても美しい絵と詩に魅せられて、青い月の物語も手元に欲しくなりました。ですがすでに絶版となっており、もう少し出会うのが早ければと、 残念に思っていました。いつもならあきらめきれるのですが、 この、青い月の物語は、何故か読んでみたいという思いが消えず、 復刊してはもらえないかと、投票するに至りました。 (2008/02/03)

1

小浦さんの絵は15年位前からずっとファンでいます。 この青い月の物語は小浦さんの青い月の世界を よく再現してくれている印刷媒体だと思います。 まだまだ私の周囲では、貸した方は皆「欲しい」と言いますよ。 AmazonでUSEDで買ってもらうしか手がないのはあんまりなので どうか復刊して欲しいです。 (2006/09/03)

1

小浦昇氏のファンにとっても、そうでない大人の本好きの方にも、またお子様にとっても、とても魅力的な美しい本だと思います。とても良い本なので、絶版にしておくのはもったいないです。 続編の「赤い月の物語」は現在も人気のようですが、「青い月の物語」と揃えて読めばより魅力的であると考えます。 (2006/08/31)

1

もっと見る

新着投票コメント

SNSで知りました。ぜひ読んでみたいです。 (2017/08/04)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/08/31
『青い月の物語』(小浦昇)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

昔の絵本のタイトル

夜に家を離れた女の子が出会う動物達に手持ちのものを与えて、最終的に木に登って月を見上げる、という内容だったのを覚えています。 最後あたりの動物達と枝(?)に腰掛けて月を見るシーンが綺麗でした。 色々...

TOPへ戻る