1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『燃えるタンカー(リチャード・アームストロング/神宮 輝夫訳)』 投票ページ

燃えるタンカー

  • 著者:リチャード・アームストロング/神宮 輝夫訳
  • 出版社:偕成社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2006/04/18
  • ISBNコード:9784036507207
  • 復刊リクエスト番号:33530

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ナチスドイツによる通商破壊で物資を運ぶ商船が次々に海の藻屑と化していった第二
次世界大戦中、ひとつの船団がアメリカからイギリスの港に向けて出航していった。
その中に『ケープ=ラッシュ号』というタンカーに乗り組む若い主人公である、航海
士のブルたちもいた。
船団は航海中にドイツ海軍のポケット戦艦による攻撃を受け、重油を満載した『ケー
プ=ラッシュ号』も砲撃を受けて火の海に包まれる。船長は傷つき、退船を余儀なく
されてボートで彷徨う。しかし彼らには、まったく想像もできなかった数奇な運命の
選択肢が待ち受けていたのだった…。

投票コメント

最初に手にとって以来40数年、何度読み返したことか。とうとう紙がぼろぼろになって粉化してしまい、読むのをあきらめました。 同全集の中でも鮮烈な印象を持つ作品です。 大人になってから「Uボート」などの映画に関心があるのもこの作品の影響があると思います。 (2006/07/08)

1

小学生の時に読んだことがあります。 何度も読んだわけでもなくストーリーもほとんど忘れてしまっているのですが、強烈な印象だけが残っています。 大人になった今、もう一度読み返してみたいです。 (2008/08/04)

0

小学校の時の愛読書でした。 図書室に通っては、いったい何回借りて読んだ事か。 胸躍るワクワク感が忘れられません。 (2007/03/22)

0

学級文庫にあった児童文学全集に収録されていた作品ですが、何度も読み返した素晴ら しい作品です。この本で「読書」の楽しみを初めて知りました。海洋冒険小説が好きな 大人であればきっと楽しめる作品です。 (2006/04/18)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/04/18
『燃えるタンカー』(リチャード・アームストロング/神宮 輝夫訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

第二次世界大戦・太平洋戦争に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

TOPへ戻る