1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『メフィストとワルツ!(小野不由美)』 投票ページ

メフィストとワルツ!

  • 著者:小野不由美
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/06/06
  • ISBNコード:9784061902497
  • 復刊リクエスト番号:325

得票数
372票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

恋人同士なら大歓迎のあまーい囁きも、誘惑の悪魔だったら危険。女の子のハートを踏みにじる恋愛泥棒の被害続出。魔の手はついに夕香にも。「劇団キャスト」のメンバーが団結して立ち向かうのだが、そこには意外な落とし穴が。
(ティーンズハート文庫内の作品紹介より)
小野不由美先生のデビュー第2作目です。

投票コメント

小野不由美の作品は皆魅力的だが、初期の作品は、若者リズムに触れられて、その後の重厚な作品とはまた違った趣がある。これは読んだことがないので、読めたら嬉しい。ちなみに、近所の高校図書館では、初期の小野不由美の作品が数冊行方不明で、読みたいと言う生徒さんの声に応えむとその都度付き合いのある図書館に問い合わせるが、どこもないらしい。 (2008/12/19)

1

一部インターネットでべらぼうな値段がつけられています。入手困難なため、プレミアがつくのは分かりますが、生きてる作家の本の値段じゃありません。ということで、ちょっと高めでもオンデマンドで良心的な値段がつくことを希望。 (2006/08/02)

1

『メフィストとワルツ!』は、10年ほど前に読んだことがあります。しかし、題名も作者名もうろ覚えだったためまた読みたいとずっと思ってきたにもかかわらず探すことすらできませんでした。しかし、最近偶然にも小野不由美先生の作品であることを知り、ぜひとも再び読むために手に入れたいと熱望しています。 (2006/02/27)

1

読んだことのない作品なので、ぜひ復刊していただきたいです。 オークションに出品されていたのを見かけたことがありますが、高値過ぎて手が出ません。一万以上の高値で落札されているのも見たことがあります。この値でも落札されていくということはそれだけ欲しい人も多いのだと思います。ぜひぜひ再度交渉して復刊して欲しいです。 (2004/11/07)

1

小野不由美さんの十二国記とかゴーストハントとかをよく読んでいます。 昔古本屋で彼女の初期の作品、名前はおぼえていないんですけど「はるか」という女の子が主人公の本、を読んで、とてもおもしろいとおもいました。 たぶんこちらの作品もかなり最初のほうのものだと思うんですけど、ぜひ読んでみたいです。 (2004/01/28)

1

もっと見る

新着投票コメント

一度読んでみたいと思ってました。 (2019/02/02)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2000/07/21
『メフィストとワルツ!』が規定数に到達しました。
2000/06/06
『メフィストとワルツ!』(小野不由美)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2000/12/16
残念ですが
復刊ドットコムにご投票頂き、ありがとうございます。
皆さまにリクエスト頂いた書籍は、残念ながら、私たちの力が及ばず
当面の復刊が難しい状況となりました。私どもとしても、表から裏から、
簡単には諦めずに手を尽くしましたが、どうしても出せぬ事情が存在し、
その願いはかないませんでした。非常に無念です。いつの日か、この状況が
変わらないとは限りませんので、投票はこのまま預からせて頂きますが、
当面は本報告やむなしという状況になりました。われわれの非力を、心より
お詫び申し上げます。今後とも、一層の精進を重ね、著者と読者が復刊とい
う場で出会えるよう努力いたしますので、これまでに倍するご指導、ご鞭撻
をお願い申し上げて、ご報告にかえさせて頂きます。
2000/07/20
復刊交渉決定
2000.7.22

交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る