復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

アモルファス半導体

アモルファス半導体

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 清水 立生
出版社 培風館
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784563036027
登録日 2006/01/25
リクエストNo. 32339

リクエスト内容

アドバンストエレクトロニクスシリーズ I-2

参照 : http://www.washin.co.jp/honya/outline/4-563-03602-1.htm

アモルファス(非晶質)半導体は、結晶半導体にはない多様性を活かして、太陽電池をはじめとす
る広範な実用化が進められており、21世紀の夢の材料として期待されている。本書は、それぞれ
の分野の第一線研究者による最新の解説書である。カルコゲナイド系・テトラへドラル系の2大ア
モルファス半導体を比較対照しながら、構造特性や光学的・電気的性質、不純物添加とpn制御など
について詳述し、多岐にわたる応用の現状を紹介している。
また、周辺物質として、近年注目を集めている薄膜多結晶SiやナノSiにも言及する。アモルファス
半導体の基礎的概念から最新の研究結果までを網羅した、初学者から第一線の研究者にまで役立つ
必携の書である。
[主要目次]
1、序論
2、アモルファス構造と欠陥
3、電子状態と光学的性質
4、電気的性質
5、テトラへドラル系材料作製法
6、テトラへドラル系材料
7、カルコゲナイド系材料
8、不純物添加とpn制御
9、光誘起現象
10、アモルファス半導体の応用

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • シリコン(Si)資源の枯渇も、ささやかれている昨今、材料自
    体の新しい使い方とか、また、色々の材料で半導体を造るとかを
    考えて行かなくてはならなくなりつつあるようですから、そのた
    めには、こうした技術も必要であり、それを学ぶのに良さそうな
    気がします。 (2006/01/29)
    GOOD!1
  • アモルファスは重要だから (2012/07/07)
    GOOD!0
  • 読みたいです。 (2006/01/25)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2006/01/25
    『アモルファス半導体』(清水 立生)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!