復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

4

投票する

妖精たちの王国




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 4

著者 シルヴィア・タウンゼンド・ウォーナー
出版社 月刊ペン社
ジャンル 文芸書
登録日 2006/01/10
リクエストNo. 32157

リクエスト内容

妖精文庫第II期、第五回配本、(20)
~この一風変わったイギリスの老女の囁きを皆様にお届け出来る
ことを、妖精文庫はこの上ない喜びと思っております。
現在まで使用することを自らに禁じておりました
”アダルト・ファンタジー”という言葉を、その字義通りに
用いられ得る秀れた傑作短編集であります~
(配本時の妖精文庫月報「編集部だより」より)

ニューヨーカー誌に掲載されていたという
けっこうビターでドライな肌触りの妖精たち
(と、関わっちゃった人間たち)の物語群です。

収録作品
「ひとりともうひとり」「五羽の黒鳥」
「エルフィノアとウィーズル」「完璧なるトライアングル」
「ブロセリアンドの反乱」「人間の乳」「ベリアール」
「城への訪問者」「料理の力」「翼あるもの」「先祖探し」
「追放の風土」「故グラミー卿」「カストルとポルックス」
「職業」「フォックスカースル」

※ちなみに『ブープル』検索では著者名が「ウォーナー」でなく
「ワーナー」となっています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • たしかに第2期以降の妖精文庫か「異色作家短編集」あたりでしか
    紹介できなかっただろうなあ(今なら奇想コレクションか)という
    独特の切り口での妖精譚です。
    今時の妖精好きの方にもぜひ一読をお薦めしたい本です。 (2006/01/10)
    GOOD!1
  • S.T.ウォーナーの"The Cat's Cradle-Book"に収録された"The Phoenix"という短編を読み、この人の作品をもっと読みたいと思いました。(出来れば日本語で) (2012/12/17)
    GOOD!0
  • とある本に書かれていたストーリーダイジェストが妖しげでとても面白そうだったからです。チェンジリングの話って案外すくないですし。
    是非是非復刊をっ。 (2006/03/30)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2006/01/10
    『妖精たちの王国』(シルヴィア・タウンゼンド・ウォーナー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!