1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『アドルフ・ヒトラー 全4巻(ジョン・トーランド)』 投票ページ

アドルフ・ヒトラー 全4巻

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

20世紀最大の狂気、独裁者ヒトラー。彼はなぜ邪悪な野望にとりつかれたのか。10年の歳月、200人以上へのインタヴュー、未公開の日記、公式文書など膨大な資料を駆使して描く決定版ヒトラー伝。

はずかしがり屋の聖歌隊の少年、長じて画家になることを夢見たナイーヴな青年が、20世紀最大の悪魔に変わったのはなぜか?出生、ウィーンでの青年期、第一次大戦での負傷、ナチス結党…200人以上に及ぶインタヴュー、公刊・未公刊の日記・書簡・公式文書などさまざまな資料をもとに克明に描く、アドルフ・ヒトラー伝の決定版。

<1>ある精神の形成

プロローグ 背後からの一突き
第1部 幻視者
「わが人生の学校」
「狂気と感激に圧倒されて」
第2部 はじめに言葉ありき
「かくも論理的かつ狂信的な男」
「ビヤホール・プッチ」
第3部 ある精神の形成
『ヒトラーの秘密の書』

<2>仮面の戦争

身内の死;
第4部 「褐色革命」
第5部 「仮面の戦争」

<3>第二次世界大戦

「薄氷を踏んで」
第6部 「無謀の瀬戸際まで」
狐と熊
「古今未曾有の災厄」
第7部 武力に訴える
「勝者さえ勝利によって破滅する」
「世界は固唾を呑むだろう」
「暗い、目に見えない部屋のドア」

<4>奈落の底へ

第8部 第4の騎士
内輪の人々
「地の獣とをもて」
第9部 奈落の底へ
バルジの戦い
「今度こそわれわれは真夜中の5分前に降伏してはならない」
真夜中5分過ぎ、あるいは「船長もまたこの船と運命をともにする」

新着投票コメント

入手困難なため。 (2014/04/22)

0

アドルフ・ヒトラーの伝記で最も優良な内容の本。 (2009/07/23)

0

大日本帝国の興亡を読み、著者の他作品、特に本書に興味を持ったから。 (2006/06/21)

0

20世紀の怪物の一人であるヒトラー伝記の決定版ともいえる書です。ヒトラーを知るためにも是非! (2005/11/10)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/11/10
『アドルフ・ヒトラー 全4巻』(ジョン・トーランド)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ヨーロッパ史に関するQ&A

イタリアが舞台の歴史物の漫画のタイトルが思い出せません

 かなり具体的に内容を覚えていますが、タイトル・作者名が思い出せないため、リクエスト出来ません。  多分30年以上前の、少女フレンドのA5サイズの増刊に、100P読み切りで載っていた作品です。この作品...

TOPへ戻る