1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『日本地酒紀行(奈良本辰也)』 投票ページ

日本地酒紀行

  • 著者:奈良本辰也
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/10/22
  • ISBNコード:9784309471389
  • 復刊リクエスト番号:31214

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日本史家、奈良本辰也氏が、全国の名酒蔵元を訪ね歩き、近鉄百貨店発行の「まいたいむ」に連載した地酒についての紀行文をまとめたもの。初版は淡交社。1988年に河出書房新社より文庫化。
登録者の評価★★★★★★★★☆☆

【目次】(文末はお酒の銘柄)

(宮城)塩釜の御神酒…浦霞

(青森)酒は文化と共にあり…陸奥男山

(秋田)重き伝統、味は淡麗というべきか…飛良泉

(山形)岩にしみ入る雪解けの水…出羽桜

(東京)奥多摩に潜む豊潤な酒…澤乃井

(長野)風土の中の名酒…七笑

(新潟)これぞ幻の酒…清泉・亀の翁

(富山)この名酒ありてこそ…満寿泉

(石川)「菊酒」の流れを酌む…菊姫

(岐阜)「鬼ころし」を求めて飛騨路に…鬼ころし

(愛知)山、また山のその奥に…孝の司

(滋賀)旧街道に名酒ぞ潜む…御代栄

(滋賀)鮒鮨と萩の露…萩の露

(京都)紀州から伏見へ…玉乃光

(京都)下鳥羽、文人の酒屋…月の桂

(大阪)池田もいまは呉春のみ…呉春

(大阪)河内長野の天野酒…天野酒

(兵庫)超一流主義が生み出したもの…白鷹

(兵庫)己も生き、相手も生かす酒の味…香住鶴

(奈良)奈良酒の伝統に生きる…春鹿

(島根)神々の里に涌き出る…李白

(岡山)隠岐路に名酒ありき…御前酒

(広島)酒の都の酒の王…賀茂鶴

(山口)郷里に酒肴と友ありき…五橋

(愛媛)四国路に名酒を訪ねて…梅錦

(愛媛)瀬戸内の美酒…笹の井

(高知)豪快にしておおらか…司牡丹

(福岡)酒蔵に江戸時代をみる…白糸

(佐賀)男の中の男の酒…天山

(大分)酒ありて、魚介あり…西の関

新着投票コメント

わたしはあまりイケル口ではありませんが、無類の酒豪として知られた著者の文章を読むと、是非とも飲んでみたくなります。 (2005/10/22)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/10/22
『日本地酒紀行』(奈良本辰也)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る