1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『海人ゴンズイ(ジョージ秋山)』 投票ページ

海人ゴンズイ

  • 著者:ジョージ秋山
  • 出版社:集英社
  • ジャンル:コミック・漫画
  • 復刊リクエスト開始日:2000/06/06
  • 復刊リクエスト番号:307

得票数
132票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「少年ジャンプ」の黄金期に連載されるも、打ち切りにあってしまった作品。ただ「アチョプ」「マウマウ」といったセリフは忘れることが出来ず、是非とも今の視点で読んでみたいと思います。

投票コメント

我慢できずに楽天オークションで購入しました。 改めて読んでみて感じたのですが、切ないです。 この時代、奴隷として連れられて行った人たちは、知らない国に連れて行かれ、家族なく知合いなく頼れるものなく、何を思って生きていたのでしょうか?そんなことばかり考てしまいました。 ゴンズイの母親の記憶の描写がありますが、どんなことがあって奴隷船に乗せられたのか? トラウマとか言われますが、切なさが胸いっぱいです。 もっと沢山の人に読んでもらいたいと思い復刻お願いします。 (2007/10/14)

1

ジャンプで読んでいただけなのですが、キャラクター、台詞、マンガの雰囲気はいまでも忘れることは出来ません。 (旧友との昔話では、いまだにこのマンガのことが話題にあがります。) 是非もう一度読んでみたいです!! (2006/11/08)

1

小学生の頃に読んで、異常に「怖い」と思いつつ恐る恐る読んだ記憶があります。しかも途中でいきなり連載が終わって、「なんだったんだ?」という印象が・・。大人になった今、強烈に読みたくなったのは当時のトラウマかどうか謎ですが、最近ようやく手に入れて読んだ「銭ゲバ」と同じ作者と知ったからなのは間違いないでしょう。(この本も中学の時にSPコミックで一回見かけたきり、その後二度と書店で見た記憶はない。) いわゆる、奇才と呼ばれるたぐいの作家だと思います。 ぜひ復刊を・・(単行本化の際に収録されてない話もあるようならぜひ!そちらも。) (2006/01/02)

1

ずーーーーーーーーーーっとこのまんがのタイトルや作者が分からず私の中で伝説と化してました。マウーラーマウーラーとかアチョプアチョウプウキャキャーとかあの緑色の子供…。トラウマですよ!しかも作者はあのジョージ秋山先生だったとは…。絶対読みたいです! (2005/09/05)

1

うわぁ、懐かしい!! 記憶の中の絵柄が秋山先生の絵だと気づいたので検索したらヒットして感激です(笑) まわりに記憶している人が少なくて、本当にジャンプに載っていたのかさえも思い出せなくなっていましたので、復刊されたら是非購入してまわりにも薦めたいと思います。 (2005/08/21)

1

もっと見る

新着投票コメント

ジャンプ黄金期のトラウママンガと名高い1作 復刊するのであれば欲しいです ジャンプコミックス版は プレミアの付き過ぎで 手に入れることができません! (2015/06/24)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

海人ゴンズイ ジョージ秋山捨てがたき選集 第1巻 ジョージ秋山著
1,620円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2009/06/02
全国の子どもたちにトラウマを残した伝説の奇書、ついに復刊!ジョージ秋山『海人ゴンズイ』 (138票)復刊決定!
2006/01/10
『海人ゴンズイ』が規定数に到達しました。
2000/06/06
『海人ゴンズイ』(ジョージ秋山)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2006/01/10
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

集英社に関するQ&A

30年ほど前のりぼんのふろく

30年ほど前の、りぼんの付録だったの思うけれど、両親が死んだ小学生の兄妹の話。お兄さんが働いて妹(ゆっこ)を育てるけれど、病気になって死んでしまう。 りぼんの付録で黄緑色の文庫だったのは覚えているけれど...

TOPへ戻る