1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『ひみつの花園 未収録分(杜野亜希)』 投票ページ

ひみつの花園 未収録分

  • 著者:杜野亜希
  • 出版社:白泉社
  • ジャンル:コミック・漫画
  • 復刊リクエスト開始日:2005/08/18
  • ISBNコード:9784592172895
  • 復刊リクエスト番号:30279

得票数
170票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

少女マンガ&ミステリーです。

投票コメント

杜野さんの作品が大好きで、今まで出版された単行本はほとんど買っています。「ひみつの花園」も1巻を読んでから、次巻が出るのを楽しみにしてました。 しかし、出版社の様々な事情から出版することができないことを知り、大変ショックでした。 連載時はお金のない学生だったこともあり、全然雑誌を買っていなかった上に、単行本になったときまで我慢しようと立ち読みすらしていなかったので、この続きが気になって仕方ありません。 なので、是非ともこの作品をはじめとした今まで単行本になっていない多くの杜野作品を出版してほしいです。 (2011/03/14)

1

…えっ!?キリカのシリーズ、続刊してなかったんですか?私は、単行本を買う程ではないけど、好きでした。連載が延々続いたという事は人気があったという事、なのに、単行本の売り上げが振るわなくて…?つまり、アンケートは良くて、打ち切りにはならなかったが、単行本を買うほどじゃないという、私のようなファンが多かった、という事…?珍しいケースですね。 私は買わないですが、熱心なファンの為に1票!だって、明らかに続くのに続刊しないって…。ちゃんと完結してるのに。連載打ち切りより性質(たち)悪いですよ。文庫として出せば、出版社も納得できる程度の売上あるんじゃないでしょうか? (2009/11/06)

1

別冊花とゆめでの連載開始時、いつも楽しみに拝読させていただいていました。連載途中より、受験のため購入できなかった時期があり、コミックにて続きが出るのを楽しみにしていました。しかし、なかなか2巻以降の発売がされず、最近パソコンを購入しネットをするようになり、初めて続巻の発売が棚上げになってしまったことを知りました。どのような形でも構いません。多少値段が高くなってしまっても良いので、どうか『ひみつの花園』の復刊をお願い致します。 (2008/07/24)

1

こんなに素晴らしい作品を単行本未収録にしておくのはあまりにも惜しいと思います。 双葉たちの活躍を最後まで見たいです。 ぜひぜひ三巻分全部単行本化して欲しいです。 もちろん値段が高くても絶対に買います! (2008/04/18)

1

コミックスでしか漫画を購入していないので、とても楽しみにしていました。なかなか続刊が発売されないなと思っていましたが、待っていました。 まさか予定がないとは全く思っていなかったので、すごく残念に思っています。ぜひ物語をを完結させてください。 (2007/12/20)

1

もっと見る

新着投票コメント

母と妹が読みたいと言っているので。私も少し見てみたい。 (2016/10/22)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(2件)

  • 続きが気になる

    ムー 2013/11/27

    主人公の白石双葉は、屋久島から東京にある花屋に亡くなった母の代わりに、山桜の枝を届けにやってきます。そこで、店長である青柳遙の元で住み込み店員となり、次々と起こる事件に巻き込まれながら青柳店長の過去を少しずつ知っていきます。一つ一つの事件を通して成長していく双葉を、もっと見てみたいと思うぐらい面白いです。

    0

  • はまります

    清一 2013/04/05

    どんどん読みたくなる

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/08/18
『ひみつの花園 未収録分』(杜野亜希)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る