復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

回想のロンド

回想のロンド

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 カール・ベーム 著 / 高辻知義 訳
出版社 白水社
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784560073216
登録日 2005/08/04
リクエストNo. 30062

リクエスト内容

20世紀のクラシック音楽界において、その古典的な端正美で知られた名指揮者カール・ベーム(1894-1981)の自叙伝。
デビュー時代から2つの大戦を経て晩年までの世界各地での活躍、師ブルーノ・ワルターやリヒャルト・シュトラウス、ベルクなど、有名無名の音楽家たちとの交友が淡々と語られ、それはそのまま今世紀の音楽史を形づくっております。また、指揮者が書いた著作のなかでも特に有名なものであります。(書評より引用)
登録者の評価★★★★★★★★☆☆

【目次】 
グラーツ,シュール街17番地
「ミーン」
2人の大伯父
最初の音楽教育
ウィーンでの修業時代
カルーソー
大戦
グラーツでデビュー
宿命のオペラ『フィデリオ』
ミュンヘン
「クラリネットはどうしたのです」
ブルーノ・ワルターとの交友〔ほか〕

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 白水社の紙ケース入りハードカバーをよく覚えています。クラシック音楽が好きになった中学時代、巨匠と呼ばれる指揮者の方々が御存命でした。彼らの著作を読みながらその演奏をレコードで聞いた若かりし日。まさに青春時代の日常でした。時間的にも経済的にも余裕が出来た現在とは、音楽とのかかわり方が全く違う。熱量の差とでも言えるでしょう。ブルーノ・ワルターの音楽への優しい眼差しとは一線を画した、武骨なカール・ベームの人生。彼の回想録をこの年齢になって今一度読み返したくなりました。 (2020/05/17)
    GOOD!1
  • 是非ともお願いします。 (2007/03/15)
    GOOD!0
  • ワルターの「主題と変奏」も出版されていることですし、双璧をなす本書も多くの音楽愛好家の机上に置くべきものでありましょう。 (2005/08/04)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2005/08/04
    『回想のロンド』(カール・ベーム著 高辻知義訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!