1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ピカソと其の友達(フェルナンド・オリヴィエ著 益田義信訳)』 投票ページ

ピカソと其の友達

  • 著者:フェルナンド・オリヴィエ著 益田義信訳
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/02/11
  • 復刊リクエスト番号:27950

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ピカソの最初の愛人、フェルナンド・オリヴィエがピカソとの七年間の同棲生活を綴った記録。ピカソの作風が彼女の出現によって青の時代からバラ色の時代へと変貌する時期におけるヴィヴィッドな評伝。装幀は青山二郎、A5判で箱付き。1942年初版。
オーナー評価★★★★★★★☆☆☆

新着投票コメント

「親友ピカソ」と同じく、所持している本が古いので、新版を望みます。戦後に昭森社から佐藤義詮の訳出でも出版されましたが、こちらの益田訳の方が馴染み深いので。 (2005/02/11)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/02/11
『ピカソと其の友達』(フェルナンド・オリヴィエ著 益田義信訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る