1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ひぐらし硯(加藤楸邨)』 投票ページ

ひぐらし硯

  • 著者:加藤楸邨
  • 出版社:読売新聞社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/02/10
  • ISBNコード:9784643715408
  • 復刊リクエスト番号:27938

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「硯より 沸きくる雲に ほととぎす」
美しい日本の自然の生命を詠みつづけてきた一俳人が、さまざまな硯との出会いを契機に、墨を磨りつつ古今の人を偲び、遙かな時の流れを想う珠玉のエッセイ。
1974年出版。盟友、安東次男による装幀。箱付き。
オーナー評価★★★★★★★★☆☆

【目次】
序にかえて 時間的漂泊 黄土の民の心 硯を過ぎた人々 啓蟄の夢 雪解男體 蛙と修羅 物への旅 硯滴の笑い 鶏とふくら雀 筆の訴え 混沌からの力 蒼黒の風羅 白の意志 ひぐらしの青山河 兆河の蟹 雨後野分 白き氷の城 虎の目 柚子と古硯 片隅の思い 小さな転生 縷の如きもの 今の漂泊 寒雷残響 寒の露 冬の陽炎 雪中夜哭 硯の不安 生々の記 虚空登攀 草鞋酒 雪中虚空 鯉しぐれ 跋(安東次男)

新着投票コメント

残念なことに、加藤楸邨氏の著作は現在殆ど絶版。美術愛好家、名文家としても有名だった氏の「遥かなる声」と並ぶ珠玉の名随筆。 (2005/02/10)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/02/10
『ひぐらし硯』(加藤楸邨)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る