1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ピータァ・パン(ジェームズ・バリ)』 投票ページ

ピータァ・パン

  • 著者:ジェームズ・バリ
  • 出版社:岩波文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/01/19
  • 復刊リクエスト番号:27649

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

有名な「ピーター・パンとウエンディ」の前作、まだ赤ちゃんのピーターパンが、ケンジントン公園に迷い込み、鳥たちと遊び、妖精になり、家に帰れなくなるお話です。ピーターの謎はすべてこの本で解き明かされます。

投票コメント

妖精たちのパーティや、ピーターの初めてのガールフレンド、メエミ・マナリングの登場など、このような物語は読んだことないとおもうほど、忘れがたい世界です。先日、なくしたと思い、古書店でもなかなか見つからず、恐ろしい思いをしました。この世から、無くなっては絶対いけない本があるとしたら、まさにこれこそ、その本です。 本多顕彰の格調高い訳もすばらしい。 (2005/01/19)

1

読みたいです。ピーターパン大好きです。岩波書店さんお願いします。 (2008/10/14)

0

すき (2005/11/25)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/01/19
『ピータァ・パン』(ジェームズ・バリ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る