1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『女の千年王国(アーシュラ・K・ル・グイン)』 投票ページ

女の千年王国

  • 著者:アーシュラ・K・ル・グイン
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/01/07
  • 復刊リクエスト番号:2718

得票数
79票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

かの有名なサンリオSF文庫です。
訳者は小池美佐子で、ヴァージニア・キッドと共著らしいですが、
手にとったことが無いので詳しいことはわかりません。

sankakumanさん、くうきさん情報ありがとうございます。
お二人の話だとこの本は共著ではなく女性SF作家のアンソロジーだということです。
ますます読んでみたいですね!
ご好意に甘えて目次を転載させていただきます。

序詩 マリリン・ハッカー
序文 ヴァージニア・キッド
永遠にとは言わないわ シンシア・フェリス
ヌサルディ・エルの歌 ダイアナ・L・パクスン
ジュビリーの物語 エリザベス・A・リン
マブ・ギャレンの回想 チェリイ・ワイルダー
灰の中の不死鳥 ジョーン・d・ヴィンジ
アオサギの眼 アーシュラ・K・ル=グィン

ル・グイン以外のファンの方もぜひ投票してください!

投票コメント

直接入力しようとしたら文字化けしてしまうので、ちゃんと反映されるか心配ですが… ただいま、遅ればせながらもアーシュラ・K・ル=グウィンの作品を読みあさっていますが、こちらの作品は入手できなくて…(汗)それで今回復活希望に一票を投じます。 どんな形でもよいので(作品を読めたらもうそれで充分です)よろしくお願いします! ★ホントは、ル=グウィンの作品(SF、FT問わず)を翻訳済み、未翻訳の作品を全集のような形でまとめてどこかで出してもらえないかなーと思っていたりします(無理かなー…)。 (2007/08/28)

1

ル・グインの「アオサギの眼」目当てに買ったこの本ですが、それ以外の作家の作品も皆よかったです。 女流作家ばかり6篇を集めた、意欲的なアンソロジーだったと思います。まさに「女の千年王国」のタイトルがふさわしい内容でした。復刊されることを祈っています。 (2004/04/21)

1

サンリオSF文庫はとてもとても野心的な企画だったのですが、 つぶれてしまってたいへん残念に思っています。この本は読んだ ことがあるのですが、サンリオが目指していた(と思われる)方 向のSFに光を再び当てるためにも、ぜひ復刊をお願いします。 (2002/07/13)

1

ジョーン・D・ヴィンジの「灰の中の不死鳥」は泣けるラブストーリーです。色々な人に読んでもらいたい一冊でした。 (2013/04/28)

0

ル・グインのファンなので是非読みたいです。他の作家の作品も読んでみたいです。 (2010/09/08)

0

もっと見る

新着投票コメント

読んでみたい。 (2014/12/17)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/01/07
『女の千年王国』(アーシュラ・K・ル・グイン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る