1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『楽しみと冒険(7)乗らない・乗る・乗れば(北杜夫編)』 投票ページ

楽しみと冒険(7)乗らない・乗る・乗れば

  • 著者:北杜夫編
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/30
  • ISBNコード:9784106017070
  • 復刊リクエスト番号:26635

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

内外の著名な作家たちによる乗り物をテーマとした作品集。
(企画:丸谷才一、辻邦生、挿画:和田誠)
登録者の評価★★★★★★☆☆☆☆

序 乗物あれこれ/北杜夫

【I.出発進行】    
2.“ちんちん”の由来/獅子文六  
3.ヨーロッパの汽車旅/辻邦生  
4.ぼくでも車が動かせた/遠藤周作  
5.F104/三島由紀夫  
6.人力砕氷船/畑正憲

【II.道中絵巻】    
7.特別阿房列車/内田百間  
8.欧州畸人特急/阿川弘之  
9.夜行列車/山口瞳  
10.まどろみつつ従順に-遊覧バスコース-/三木卓  
11.西洋のタクシー/芥川比呂志  
12.空の青/團伊玖磨  
13.飛行機のはなし/武田泰淳  
14.アフリカ沖のながあい航海/北杜夫

【III.途中下車】    
15.鉄道事故/トーマス・マン  
16.駅弁と食堂車の研究/加藤秀俊  
17.ドライブ・テクニック/野坂昭如  
18.DC-8&L/秋岡芳夫  
19.飛行精神/稲垣足穂  
20.太平洋への夢/堀江謙一

【IV.乗り物万歳!】    
21.鶴見線/宮脇俊三  
22.ボロクソ・ワーゲン/庄司薫  
23.ガマンがガマンでなくなった旅行/斎藤茂太  
24.航海/吉田健一

新着投票コメント

獅子文六の本が出回ってもらいたいから (2006/10/21)

0

すき (2005/11/27)

0

面白いかも。 (2004/11/02)

0

まさに遊び心一杯のアンソロジー。こういう企画は現代にも生かして欲しい。 (2004/10/30)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/10/30
『楽しみと冒険(7)乗らない・乗る・乗れば』(北杜夫編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

鉄道・電車に関するQ&A

少年の乗った列車の乗客が一人ずつ居なくなる絵本(小学高学年程度)

1980年代前半(82年)までに出版の児童書で、対象は小学校中高学年以上だと思います。 あらすじは、ひとりの少年が行き先不明の列車に乗ると、駅ごとに客が減っていき乗って来ない。進むに連れてどんどん...

TOPへ戻る