1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『昭和史の家(垂水健吾(写真) 半藤一利(文))』 投票ページ

昭和史の家

  • 著者:垂水健吾(写真) 半藤一利(文)
  • 出版社:文藝春秋
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/27
  • ISBNコード:9784163432908
  • 復刊リクエスト番号:26595

得票数
6票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

宰相がそこで日本の進路を決断した邸宅、文豪が選んだ終の栖、名優が自ら設計した部屋、学者が静かな思索にふけった空間、経済人が日々の「私」を託した住まい。人それぞれの温もりを伝える家。垂水健吾氏の写真と半藤一利氏の文章で、宰相、名優、文豪、財界人の邸宅や、歴史的な出来事の起きた建造物を紹介し、昭和時代を見る。オーナー評価7

【第1部 人とその家】

「新・平家物語」を生んだ草思堂 吉川英治

戦後日本の進路を決めた宰相の私邸 吉田茂

世界的碩学が愛した古都の「静処」 湯川秀樹

名優の終焉の地・竹心庵 六代目尾上菊五郎

プロ野球の父が名付けた「不老門」 正力松太郎

日本の文豪が鎌倉に見出した終の栖 川端康成

超高層時代を拓いた財界人の思索の場 鹿島守之助

画壇の大御所が建てた数寄屋造り 横山大観

大詩人の塊に息吹を与えた湘南の家 堀口大學

トランプ占いを好んだ指導者の邸宅 佐藤栄作

「丹下左膳」が京に築いた豪奢な空間 大河内傳次郎

“まれびと”が半生を過した借家 折口信夫

国際的「板画」を生み出したアトリエ 棟方志功

保守合同の舞台となった音羽御殿 鳩山一郎

文学の耽美と陰翳の極致・白壁御殿 谷崎潤一郎

話芸の大家が俗外に遊んだ「夢庵」 徳川夢声

勝負師と呼ばれた名監督のダグアウト 水原茂

津軽の地に残された「斜陽」の館 太宰治

「ビルマの竪琴」と思想家の接点 竹山道雄

永遠の二枚目が設計した部屋 長谷川一夫

茶人でもあった実業家の雅俗山荘 小林一三

「一本刀土俵入」が書かれた舞台裏 長谷川伸

社会派の巨匠に見る住まいと緑の融合 石川達三

ケインズを原書で愛読した首相の書斎 石橋湛山

ギリシャ哲学を究めた京都鹿ケ谷の居 田中美知太郎

ロマンの旗手が具現したアポロの庭 三島由紀夫

【第2部 歴史と空間】

ホテルニューグランド/東大安田講堂/綱町三井倶楽部

聖路加国際病院/総理大臣官邸/自衛隊市ケ谷駐屯地

交詢社/小樽鰊御殿/府中刑務所/旧岩崎久彌邸

原爆ドーム/国会議事堂/摩周丸/旧金毘羅大芝居

豊平館/日比谷公会堂/中村遊廓/稲本楼

東京都庭園美術館/東京駅

投票コメント

半藤一利さん著の『昭和史』戦前・戦後編にとても感動し、氏の本を読みあさっていくうちに大ファンになりました。氏の過去の著書は絶版になっているものが多く、出来る限り多くの著作が復刻されることを望みます。その中でも本著はとくに読みたいものの一つです。 (2006/08/29)

1

とても興味深いです。是非! (2012/09/07)

0

読みたい。 (2005/12/04)

0

すき (2005/11/25)

0

かなり新しい本ですが、古書店でもなかなか見かけません。文豪、経済人の思考の場、作品が生まれた地に大変興味があります。 (2004/10/27)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/10/27
『昭和史の家』(垂水健吾(写真) 半藤一利(文))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る