1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『高尾滋コミック未収録作品(帝都南天隊 歌姫 デイジー・トリック トゥモロウランド(高尾...』 投票ページ

高尾滋コミック未収録作品(帝都南天隊 歌姫 デイジー・トリック トゥモロウランド

  • 著者:高尾滋
  • 出版社:白泉社
  • ジャンル:コミック・漫画
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/15
  • 復刊リクエスト番号:26385

得票数
325票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

現在も花とゆめにて連載活躍中の高尾滋先生の1998年に集中連載されていた作品です。ページ数の都合からなのか今だ単行本化はされておらず、ファンの一人としてコミック化を待望して止みません。
是非是非なんとか組み合わせを駆使して、もしくは新作が出来次第順を追って全て収録していただきたいです。宜しくお願いします!

1998年8月~9月作品 「帝都南天隊」41頁+30頁+30頁 花とゆめ18号~20号掲載
(昭和初期、物に憑いた死者の思いを救い問題を解決してゆく少女と楽士のお話。

同年2月作品 「歌姫」43頁 花ゆめ5号掲載
(時代は現代、高校生バンドを組む幼馴染3人がそれぞれの道を歩もうと決意する卒業をテーマに扱った作品です)

同年4月作品 「ディジー・トリック」40頁 花ゆめプラチナ増刊5/15号掲載
(未確認!すいません; 情報求む!

※同年10月~11月集中連載 「トゥモロウランド」31頁+30頁+30頁 花ゆめ21号~23号掲載
(悩みを持った人だけが見つける事のできる建物、迷路館。一度入ったらその館からは出られないと云う。主人公がそこへ導かれた原因は何か。

単行本化望んでいる方コレを見られましたら是非一票を!!

投票コメント

高尾先生の作品が大好きです。当時本誌でトゥモロウランドを読んで、絵が綺麗だったので手元に1ページだけ切り抜きが残っています。もうそのページ以外、内容を覚えていません。もう一度あのお話をきちんと読み直したいとずっと思ってきました。宜しくお願いします。 (2012/07/29)

1

帝都南天隊は雑誌から切り取って今でも大切に持っていますが、他にもこんなに未収録の作品があるなんて。 白泉社さん、ぜひとも出版を!多少分厚くて高くったって、そんなこと気にせず購入したいと思っている高尾滋さんファンは大勢います! (2010/11/23)

1

最近高尾滋さんのファンになった者です。 現在出ているコミックも全て素晴らしく、感動致しました。 今までこれ程までに好きだ!と思った漫画家さんは居ません。 未収録の作品はどれも読んだ事がなく、 是非読みたく想いますので復刊を希望させて頂きます。 どうぞ宜しく御願い致します。 (2009/12/03)

1

高尾滋先生の作品はどれもテーマが深く、私も読むたび感動してしまいます。 高尾滋先生をまだ知らないという人はもちろん、コミックスだけを読んでこの未収録作品たちを読んでない人、いろいろな人に読んでもらっていただけたらとてもいいと思うので、今回投票しました。 もしコミックス化すれば沢山の人が喜ぶと思います。 (2008/09/15)

1

この作者を知ったきっかけのお話でした。当時雑誌をもっていましたが、その後手もとから離れて後悔していた作品です。 単行本として発売されていないので、可能ならばもういちど読みたいので、ぜひおねがいします。 (2008/06/02)

1

もっと見る

新着投票コメント

好きな作家さんなので未収録作品は気になります! (2016/10/13)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/12/17
『高尾滋コミック未収録作品(帝都南天隊 歌姫 デイジー・トリック トゥモロウランド』が規定数に到達しました。
2004/10/15
『高尾滋コミック未収録作品(帝都南天隊 歌姫 デイジー・トリック トゥモロウランド』(高尾滋)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2005/12/17
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

花とゆめに関するQ&A

読み切りを集めた少女漫画雑誌に載っていました。

私もずっと以前から気になっている漫画があります。読んだのは、私が小学生か中学生の頃なので、少なくとも7年以上前に発表されたものです。当時別冊「花とゆめ」や何やら、分厚い漫画雑誌を買いに買っていました。読...

TOPへ戻る