1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『Dies Irae ダイーズ アイライ(大河原 遁)』 投票ページ

Dies Irae ダイーズ アイライ

  • 著者:大河原 遁
  • 出版社:集英社
  • ジャンル:コミック・漫画
  • 復刊リクエスト開始日:2004/07/06
  • 復刊リクエスト番号:24901

得票数
35票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

週刊少年ジャンプ1994年38号 掲載。
作品発表から約10年経とうとしていますが、未だ単行本化されず。当時のジャンプを手に入れることとがなかなか叶わないので、コミックス収録の声を集めたいと思います。

■大河原関連Link
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=22842
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=22755

投票コメント

いわゆる『必殺系』の作品。ジャンプ系雑誌の『必殺系』と言えば『闇狩人』だが『Dies Irae』が出て来た時には「すわ、闇狩人再び!?」と色めき立った。謎のサラねーさん(すげー色っぽい←ここ重要)とか、女好きのエセBJとかキャラも魅力的でたまんなかったです。ぜひ、また見たい作品。 (2014/09/11)

1

昔々に読んだ時、当時まだ「必殺仕事人」の記憶も華やかで、「闇狩人」など裏の仕事人という暗殺稼業ネタが多かった中でこの物語もそうした一つかと思いました。 ところが読んでみると暗いテーマに玄人臭い職人の雰囲気はあるモノの、ダークなストーリー性より職人の雰囲気に重点があった気がします。その後骨董屋の連載があり、現在服飾職人の漫画へと繋がっていきました。 当時人気のあったジャンルにストーリーを出したにも関わらず、一本こだわりを通したその原典たる作品をもう一度読みたくて、投票しました。 よろしくお願いします。 (2007/06/02)

1

この人の漫画が初めて印刷されたときからのファンですが,設定・台詞回し・描写が捻ってあって読んでて実に楽しいです.質の高い漫画ですので出版されずにいるのは勿体無いと思います.ダイーズアイライだけでは量が足りないとも思いますし,未収録作品を含めて出版してもらえたらなぁ(特に上記の初めて雑誌に載った中国妖怪もの). (2005/07/17)

1

いまやすっかりグランドジャンプの顔となった大河原遁氏の、未単行本化初期作。是非もう一度読んでみたいものです。 (2015/03/28)

0

是非読みたいです! (2013/03/21)

0

もっと見る

新着投票コメント

jump掲載時に読んで面白かったから (2016/08/21)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/07/06
『Dies Irae ダイーズ アイライ』(大河原 遁)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

集英社に関するQ&A

30年ほど前のりぼんのふろく

30年ほど前の、りぼんの付録だったの思うけれど、両親が死んだ小学生の兄妹の話。お兄さんが働いて妹(ゆっこ)を育てるけれど、病気になって死んでしまう。 りぼんの付録で黄緑色の文庫だったのは覚えているけれど...

TOPへ戻る