復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

21

投票する

ある朝、シャーロットは・・・




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 21

著者 ペネロピ・ファーマー
出版社 篠崎書林
ジャンル 児童書・絵本
登録日 2004/06/17
リクエストNo. 24628

リクエスト内容

ある朝、シャーロットが寄宿舎のベッドで目覚めると、
そこは40年前の世界でした。
そこでシャーロットは「クレア」という少女として生活することに
なりますが、一方クレアも40年後の世界でとまどっていたのです・・・。
「夏の小鳥たち」「冬の日のエマ」と三部作をなす作品です。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全20件

  • イギリスのバンド the cure の曲「charlotte sometimes」が、この本のイメージであることから知りました。

    主人公のシャーロットは四十年前の少女クレアと入れ違いのタイムスリップを繰り返します。互いに相手の世界では相手になりきって乗り切るのですが、二人が入れ替わっていることに、寄宿舎の人たちが気づかないことに、シャーロットは、ふと不安を覚えます。自分はシャーロットなのか、クレアなのか?

    第一次大戦時代のイギリスの子供達の生活を知る読み物にもなっています。イギリスでは絶えることなく出版され、今も子供達に読み継がれているようです。日本でも、残して行きたい本です。 (2015/06/22)
    GOOD!1
  • 思い切り感情移入して読んだ一冊です。シャーロットとクレアが入れ替わっているのに、周囲の人々は気づかない。いまそこにいる彼女を、シャーロット(あるいはクレア)として接する。もし自分が誰かと入れ替わったら気づいてもらえるのかしら・・そんな事を一生懸命考えながら読みました。大人っぽくクールな文体と装丁で、数年間にわたって繰り替えし読みました。復刊を強く希望します。 (2007/08/20)
    GOOD!1
  • 高校時代に、学校の図書室で借りて読み、ファンタスティックな物語に魅せられました。その数年後、偶然にある書店で見つけ、購入する事が出来て、ずっと大切にしていたのですが、家人が私に無断で処分してしまいました。是非また購入したいのですが、絶版の為見つかりません。今の子供達にも読んで貰いたい名著ですので、復刊を強く望んでいます。 (2005/05/09)
    GOOD!1
  • 子どもの頃、この作者の本を繰り返し読みました。私が子どもの頃はこのような良質なヤングアダルト向けの本がたくさんありました。近い将来、生まれる娘にも、是非読ませたいのですが、本がありません。是非復刊をお願い致します。 (2004/10/04)
    GOOD!1
  • 中学生の時、まず「夏の小鳥たち」を読み、その世界に惹かれて
    たて続けに3部作を読みきったのですが、すべて期待を裏切らない
    すてきな本でした。
    「夏の小鳥たち」は、すでにリクエストされていますが、
    復刊されたら、きっと同じように他の2作も読みたい!という方が
    多く現れるのではないでしょうか。 (2004/06/17)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2004/06/17
    『ある朝、シャーロットは・・・』(ペネロピ・ファーマー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!