1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『利根川と淀川(小出博)』 投票ページ

利根川と淀川

  • 著者:小出博
  • 出版社:中央公論新社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/01/29
  • ISBNコード:9784121003843
  • 復刊リクエスト番号:21955

得票数
21票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

江戸時代の江戸と大坂の水路・水上交通を知るには必携の書。

投票コメント

川の歴史に興味を持っており、いろいろな本を読んでいますと、必ず「利根川と淀川」が参考文献に記されています。ついこの間店頭で見かけたようだったので購入に行きましたら既に絶版になっていました。是非、復刊をお願いします。 (2009/09/27)

1

名著の誉れ高いのに今現在入手しにくい。友だちもみんな読みたがっています。 しかも地球の危機が言われる今日、グローバルに日本の土地について、水についてみんなで考えたい。蛇足ながらわが娘も地球環境について勉強しています。担任の先生が、この本を読むよう、学生に指示しました、が・・・どうしたら良いのでしょう、か。 (2008/04/03)

1

この本を「めちゃくちゃおもしろかった」と紹介しているブログを読んだ。 (2010/02/22)

0

利根川の東遷以前の関東平野のイメージは歴史を考える上でとても重要。概説で知りたい。 (2005/02/18)

0

かつて学生時代に読みましたが、その後歳を経て読めば読むほど 土地と河川の微妙な関係がわかるような気がします。 経験することで理解できる、生きた知恵があると思います。 (2004/04/16)

0

もっと見る

新着投票コメント

関東人として読んでおきたい。 (2012/03/29)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/01/29
『利根川と淀川』(小出博)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る