1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『一角獣・多角獣(シオドア・スタージョン)』 投票ページ

一角獣・多角獣

  • 著者:シオドア・スタージョン
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/11/05
  • 復刊リクエスト番号:2194

得票数
179票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

スタージョンの幻の初期傑作短編集。怪奇幻想ムードが濃い一品!

異色作家短編集No.13(SF短編集)

The Silken-Swift「一角獣の泉」
The Professor's Teddy-Bear「熊人形」
Bianca's Hands「ビアンカの手」
A Saucer of Loneliness「孤独の円盤」
It Wasn't Syzygy「めぐりあい」
Fluffy「ふわふわちゃん」
The Sex Opposite「反対側のセックス」
Die,Maestro,Die「死ね、名演奏家、死ね」
Cellmate「監房ともだち」
A Way of Thinking「考え方」

投票コメント

解説書に高い評価を受けていながら長い間絶版となっており、いまだ読むことができていません(15年ほど)、シェークリーの「人間の手が・・」も文庫になって読みましたが、歳がいっており感動が低かったのが残念であり、この本も早く読みたいです。 (2004/05/16)

1

中学の時に「夢見る宝石」初めて読んだのが始まりで、以来ずっとファンです。(ホーティとジーナも好きだけど、やっぱハバナが最高っす!)「人間以上」他作品も何冊か読みました。で、「一角獣・多角獣」。いやが上にも高まる期待!早く読みたいです。いつも期待裏切らないスタージョンですもの。 (2004/02/19)

1

スタージョンの作品は、現在でも早川文庫からでている「人間以上」と「夢見る宝石」の2作しか読めません。この2作を読んだだけでファンになってしまいましたが・・・全然ほかの作品の邦訳版がない・・・ああ、作家とファンの間には深い溝が・・・・・・ (2004/01/20)

1

『夢見る宝石』『人間以上』からとにかくスタージョンが好きになりました。スタージョン作品の中でも傑作の誉れ高いこの作品を、どうしても読んでみたいと思いはじめて10年になります。 (古本屋さんに訊ねたところ、SF作品の中でも、かなり入手困難な一冊だそうですね……)どうか、復刊させて下さりますよう、よろしくお願いします。 (2003/12/10)

1

現在入手可能なスタージョン作品は余りにも少ない!一冊でも多く読みたいのです切実に!特に名作の誉れ高い本書は古書でも非常に入手困難で私のような新参ファンはただ憧れるやら悔しいやら…マニアだけの伝説にしておくなんて殺生な話がありますか!スタージョンだってひとりでも多くの人に自分の作品を楽しんで貰いたいって天国で思ってますよきっと!!古書市場での価値が高騰している今、スタージョンは一部マニアだけの秘宝ではなく新たな読者層拡大の時期に至っているのでは?お願いです私たち新参者にもスタージョンという素晴らしい現象を享受させてください!!! (2003/09/27)

1

もっと見る

新着投票コメント

古書が高騰しているので (2018/05/21)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/10/19
復刊!シオドア・スタージョン著 小笠原豊樹訳『一角獣・多角獣』
2002/10/20
『一角獣・多角獣』が規定数に到達しました。
2000/11/05
『一角獣・多角獣』(シオドア・スタージョン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2002/10/20
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る