1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『あさきゆめみし絵巻(大和和紀)』 投票ページ

あさきゆめみし絵巻

  • 著者:大和和紀
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/12/06
  • ISBNコード:9784061712515 9784061712522
  • 復刊リクエスト番号:21094

得票数
52票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

大和和紀がイラストで綴る永遠の恋物語!

密やかな衣ずれ。秘密の逢瀬の女たち
女三の宮・紫の上・玉鬘(たまかずら)・雲居(くもい)の雁(かり)・大君・中の君・浮舟
栄華を極めた光源氏にしのびよる老いの影。輪廻の因縁を甘受する晩年と愛と無常の宇治十帖(うじじゅうじょう)までを描く大和和紀円熟期の作品集!「若菜」から「浮舟」までの恋絵巻。
栄華を極めた光源氏にしのびよる老いの影。輪廻の因縁を甘受する晩年と愛と無常の宇治十帖までを描く大和和紀円熟期の作品集。「若菜」から「浮舟」までの恋絵巻。絵で読む源氏物語。

投票コメント

あさきゆめみしが大好きです!! 平安時代フリークとしては、これほどまで繊細で雅に描かれた作品は、他に有りません。オークションでは高額すぎて手が出ず、悔しい思いをしました。来年、アニメ化されますが、きっとまた多くのファンが増える事でしょう!!日本の宝「あさきゆめみし」永久保存版・我が家の家宝にしますので、是非、2冊セットで復刊を是非お願いします。 (2008/09/21)

1

友人に薦められて読み、ものの見事にハマってから幾星霜。 コミックス版、文庫版と買いそろえてきましたが、この本の存在を知った時には既に品切れで、大変悔しい思いをしております。 是非とも重版復刊していただきたいです。 (2007/04/28)

1

この夏「あさきゆめみしに」出逢い、「あさきゆめみし」が大好きになりました。「源氏物語」ってなんて素敵な話なんだろう・・・しかも、大和和紀さんのイラストがバッチリ(しっくり)合っていて、すっかり大ファンです☆★ 絵巻・・・欲しい!!見たい!!「あさきゆめみし」のイラストは、切なくて悲しくて、でも愛があふれていて、見ているだけで、胸がいっぱいになります。そんな「あさきゆめみし絵巻」の復刊を強く希望します。 (2005/09/04)

1

いろんな源氏物語の絵を見てみましたが何度見てもあきないのが大和和紀さんが書いた絵でした。いつでもじっくり観賞できるようあさきゆめみし絵巻を入手しようと探してみましたがみつかりません。なんとか復刻してもらえないでしょうか? (2005/03/23)

1

私は偶然にもネットの書籍通販で「大和源氏あさきゆめみし絵巻」上巻、下巻とも新しいものを見つけましたが、「あさきゆめみし」や「源氏物語」が好きな方にぜひ見て頂きたいです。 あさきゆめみしに関するムック、ポストカードなども是非だして欲しいですね (2004/05/29)

1

もっと見る

新着投票コメント

すばらしいので (2016/05/23)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(2件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

新装版 あさきゆめみし絵巻 上 大和和紀
2,700円 amazon.co.jp
新装版 あさきゆめみし絵巻 下 大和和紀
2,700円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

読後レビュー(1件)

  • とにかく素晴らしく美麗!

     2016/02/25

    とにかくあの素晴らしく超美麗なイラストの数々を、大画面でカラーで拝めるので、本当に目の保養になります。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/05/16
『新装版 あさきゆめみし絵巻 下』復刊決定!
2016/05/16
『新装版 あさきゆめみし絵巻 上』復刊決定!
2013/11/04
『あさきゆめみし絵巻』が50票に到達しました。
2003/12/06
『あさきゆめみし絵巻』(大和和紀)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る