1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『bit別冊 Common Lisp オブジェクトシステム -- CLOSとその周辺(井...』 投票ページ

bit別冊 Common Lisp オブジェクトシステム -- CLOSとその周辺

  • 著者:井田 昌之,元吉 文男,大久保 清(編)
  • 出版社:共立出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/11/09
  • ISBNコード:9784320930247
  • 復刊リクエスト番号:20616

得票数
120票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

Common Lisp のオブジェクトシステムCLOSの解説。

投票コメント

ハッカーと画家(ポール・グラハム)という名著の力強いLISPのエールにより,今後,LISPがリバイバル的に大ブレークする予感がある。 現に,最近LISPの名著と言われるものが,中古ですら,ますます手に入りにくくなったのは,ポール・グラハムのせいではないかと思われる。 (2007/02/14)

1

Lisp のコードを見てると、へーなるほどね、すごいね、面白い、 と思うことが多いです。その言語のなかの選りすぐった良書なら、 読みたくなるじゃないですか。 原本を読むこともかなわないんだから、なおさらです。 (2006/10/05)

1

最近にわかに関数型言語が注目されている気がします。 しかし日本語でLISPを学べる書籍は少ないようです。 本書はLISPの解説書として貴重であると聞き興味を持ちました。 復刊されればLISPの復権に一役買うことになるのではないでしょうか。 (2006/03/03)

1

Lispの本が売れないというのはわかりますが、これからLispがもたらした概念がさまざまな言語で重要になってきます。C#にラムダ関数が入ったりとか。CLOSはオブジェクト指向拡張のなかでも非常にユニークな機能を備えており、これは今後の言語システムにおける重要な意義を持つものだと考えています。 (2006/02/28)

1

LISP由来の技術は近年他の計算機言語で再評価、導入されている。 なので、今一度原点であるLISP関係の書籍が必要としている。 とくにLISPのオブジェクト実装であるCLOSの解説書が無いのは厳しいかぎりですので、是非復刊してほしいです。 (2006/02/25)

1

もっと見る

新着投票コメント

日本語では、Common Lispの本の数少ないマニュアル的な位置づけの参考書。 (2011/11/26)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • Common Lisp オブジェクトシステム -CLOSとその周辺-

    Common Lisp オブジェクトシステム -CLOSとその周辺-

    在庫僅少

    【著者】井田 昌之、元吉 文男、大久保 清(編)
    【発送】3~6日後

    1989年,それはCommonLispを最新の世代の言語として磨きあげようと,米国では標準化のためのX3J13委員会があり...

    5,400 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/08/04
Ruby開発者も絶賛する幻の名著がよみがえる!『Common Lisp オブジェクトシステム CLOSとその周辺』 (128票)復刊決定!
2003/11/09
『bit別冊 Common Lisp オブジェクトシステム -- CLOSとその周辺』(井田 昌之,元吉 文男,大久保 清(編))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る