1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『現代怪談集成(上・下)(中島河太郎・紀田順一郎編)』 投票ページ

現代怪談集成(上・下)

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1982年版は上下 1993年版はその合本
上巻収録作品 小泉八雲『破約』/泉鏡花『海異記』/森鷗外『蛇』/村山槐多『悪魔の舌』/谷崎潤一郎『人面疽』/内田百間『畫頭子』/大泉黒石『幽鬼楼』/岡本綺堂『鎧櫃の血』/畑耕一『魔杖』/田中貢太郎『竈の中の顔』/川端康成『抒情歌』/邦枝完二『松助怪談』/平山蘆江『大島怪談』/橘外男『逗子物語』/森銑三『猫が物いふ話/猫の踊』/太宰治『青竹』/豊島与志雄『沼のほとり』/山田風太郎『みささぎ盗賊』/久生十蘭『骨仏』/長田幹彦『小唄供養』
下巻収録作品 三橋一夫『ネコヤナギの下にて』/香山滋『キキモラ』/角田喜久雄『沼垂の女』/城昌幸『波の音』/江戸川乱歩『防空壕』/石原慎太郎『鱶女』/遠藤周作『針』/平井呈一『エイプリル・フール』/伊波南哲『マストの上の怨霊』/新羽精之『進化論の問題』/柴田錬三郎『赤い鼻緒の下駄』/半村良『幽タレ考』/竹内健『銀色の海』/都筑道夫『はだか川心中』/中井英夫『地下街』/小松左京『骨』/源氏鶏太『みだらな儀式』
上巻帯から「最初の一行から読者を異世界にひき込む怪談こそ最も作家の力量が問われる分野であろう。明治の文豪から現代作家の作品に至る怪談文学の名品を初めて体系的に集大成」

新着投票コメント

これからの季節…暑くて眠れない夜なんかには、最適アイテムかと(๑˃̵ᴗ˂̵)و (2018/07/11)

0

よ み た い 。 (2010/11/12)

0

読みたい。 (2009/10/08)

0

すき (2005/11/25)

0

ここでしか読めないものがある。 (2005/08/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/10/11
『現代怪談集成(上・下)』(中島河太郎・紀田順一郎編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る