1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『もしもしウサギです(舟崎克彦)』 投票ページ

もしもしウサギです

  • 著者:舟崎克彦
  • 出版社:ポプラ社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2003/09/05
  • ISBNコード:9784591009925
  • 復刊リクエスト番号:19192

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

母の代わりに、ちょっとお使いに行くだけのはずが、突然、傍の公衆電話のベルが鳴り出して…
「ぽっぺん先生」シリーズで知られる舟崎克彦の作品。
「ぽっぺん先生の日曜日」の中でも、話題としてのみ出てくるあの“電話ウサギ”がついに!?
(内容が違っていたらごめんなさい)
1978年に数学研究社から、1983年にポプラ社から出版。現在、重版未定だそうです。

投票コメント

ある日、突然、 「電話ウサギ」 という言葉が頭に浮かびました。 気になって部屋をひっくり返すと「ぽっぺん先生」シリーズの中に話題としてだけですが記述がありました。でも、他でも出会ったことがあるような…?またまた、気になって今度はネットへ。探しまくった挙句、やっとこの本の題名へ辿り着きました。 (因みに「電話ウサギ」ではヒットしませんでした) 果たして、ウサギ=電話ウサギ なのでしょうか。でも、電話ウサギの話す言葉は確か誰にも通じない筈ですから、そうすると、この本の「ウサギ」は違うウサギなのかもしれません。 記憶があやふやなまま、本のレビューを書かせていただきましたが、内容が間違っていたら本当にごめんなさい。 長くなりましたが、復刊を希望する理由は、「電話ウサギ」を探しているから、です。それと、変な理由はともかく現代の小学生にも安心して薦められる本だと思います。 (2003/09/05)

2

たしか小学校二年生ごろに図書館でみつけたと思います。はっきりとは覚えていませんがウサギの話す内容やテンポがとてもおもしろく、しばらくは図書館に行けばこればかり読んでいました。でもウサギはちょと怖いことも言っていた気がします。なのでハラハラ、でもゲラゲラの話だったと思うのですがとにかく記憶が薄れているので絶対もう一度読みたいです。将来、自分の子供とも一緒に読みたいです。 (2003/10/26)

1

舟崎克彦さんの作品は大好きです。これも,とてもおもしろく読めました。たくさんのこども達に読んで欲しいです。 (2005/03/10)

0

ぽっぺん先生シリーズが大好きで、集めてます。電話ウサギの登場はとても強烈で、もし同じウサギなら是非読んでみたいです。 (2004/06/23)

0

知らなかったです。ぜひほしいです。 舟崎克彦さんの本は、哲学的でせつないお話が多くこども心にジーンと来たのを覚えています。 (2004/06/17)

0

もっと見る

新着投票コメント

この本の存在は知りませんでしたが、ぽっぺん先生の日曜日・ぽっぺん先生と笑うカモメ号に出てくる電話ウサギの本! 是非読みたいです。復刊よろしくお願いします。 (2014/05/25)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/09/05
『もしもしウサギです』(舟崎克彦)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

TOPへ戻る