復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

45

投票する

和声法

和声法

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 45

著者 シェーンベルク
出版社 音楽之友社
ジャンル エンタメ
ISBNコード 9784276103207
登録日 2003/08/26
リクエストNo. 18932

リクエスト内容

20世紀音楽の巨人が、和声法をどう考えていたのか。通常の理
論家のものと違い、大作曲家によるこのホンは、単に和声法の勉
強のためという意味を超えたものだと言えるでしょう。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全45件

  • 同じ著者の『作曲の基本技法』を最近入手したが、専門家のみならず、一般の音楽愛好家にとっても大変に勉強になる名著であった。本書『和声法』と『対位法入門』、そして上述の『作曲の基本技法』で三部作になっており、本書の復刊を強く希望する。 (2008/10/20)
    GOOD!1
  • 理論家と呼ばれる人々と芸術家の間には、やはり相当な壁がある。
    前者の場合は、学問的な欲求に走りすぎていて、その内容は無益である事が多い。
    そこにはなぜ音楽理論なんてものが存在するのか、という大切な前提が欠けている。

    初学者が理論を敬遠しがちになるのは、
    今の日本の音楽教育の常識から考えると、むしろ自然だとすら言える。
    しかし理論を学ぶ事は、例えプロであろうと、アマチュアであろうと必要な事で、
    そのためには「意味のある理論書」が必要である。
    これは現場経験が相当豊富な作曲家にしか書けない。
    本書のような書籍が一般化しないと、
    優秀な作曲家の視点というのは育ってこないのではないだろうか?
    現代の若い作曲家はぜひ目を通すべきだと思う。復刊希望。 (2007/08/17)
    GOOD!1
  • 私も、シェーンベルクの基礎理論は、手元にありますが、和声法は、図書館に行かなければ為らず、その度に、手元に欲しいと思います。内容も、内容ですから、読める人は、絶対手元に欲しいと思う気持ち、佳く解ります。
    直、私"20世紀の作曲"と言う本も、復刊を願っております。そちらにも、一票投じて下されれば、幸いです。
    後、シェーンベルクと、対を成す、バルトークの作曲技法も紹介しております。 (2004/06/20)
    GOOD!1
  • 極めて興味をひかれる本である (2017/09/04)
    GOOD!0
  • 洋書を当たっても良いとは思いますが、邦訳があると助かります。 (2017/07/10)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2003/08/26
    『和声法』(シェーンベルク)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!