1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『みぞれは舞わない(島田 清子)』 投票ページ

みぞれは舞わない

  • 著者:島田 清子
  • 出版社:大和書房or大和出版販売
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/07/15
  • 復刊リクエスト番号:17978

得票数
7票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1946年に生まれて高校2年に自殺した女性の日記。
遺書の最後「私ってこんなに幸せでいいのかしら」(だったと思う)が印象的。

投票コメント

学生時代に友人からすすめられ読み、それから心の奥深くしみこんでいる、「心の書」です。当時購入したのですが、いつのまにか何処かへ・・・。50歳を越えた今、何とか手に入れておきたいと思っています。本当はオリジナルが欲しいのですが、当時でもなかなか手に入らず苦労した思い出があり、復刻でも良いから入手したいのです。しかしこのような本を読んでみたい人が自分以外にもいると知り、正直感動しています。誰かお持ちでしたら、高額でも結構ですのでお譲りくだされば幸いです。 (2004/05/30)

1

大切なひとに教えてもらった。ぜひ読んでみたい。 (2011/02/08)

0

高校時代図書館で見つけた一冊 当時の親友と共に感動したものです 内容は忘れてしまったがもう一度読みたいと思います (2008/09/03)

0

読んでみたいなぁ・・・。 (2005/09/19)

0

昔、病院の待合室で読んだが、現在、図書館・古本屋になく、全く読めない。 (2003/07/15)

0

もっと見る

新着投票コメント

5年前まで持っていましたが、引っ越しのどさくさで無くなってしまいました。元の家まで探しに行きましたが見つかりません。幼なじみの母親でいつも悩みを聞いてくれたおばさんから借りた物です。そのおばさんも亡くなりましたが・・・清子さんの本は私の心の叫びそのものでした。清子さんが生きていたらすばらしい作品が沢山生まれたでしょう。母子で必死に生きていたお母さんを責められません。でも、お母さんが必死であればあるほど、清子さんは疲れてしまってついには生きられなくなってしまったのだと思います。悲しいけど、愛情表現を間違えてはいけないと強く感じます。 (2011/03/23)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/07/15
『みぞれは舞わない』(島田 清子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る