1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『若き日の変転(カロッサ)』 投票ページ

若き日の変転

  • 著者:カロッサ
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/09/07
  • ISBNコード:9784003243640
  • 復刊リクエスト番号:1598

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「幼年時代」と「美しき惑いの年」の間にはさまれる9年間、ギムナジウム時代の記憶。日本の学制でいえば、小学校の後半から高等学校を終えるまでの時期である。両親の家から古都ランツフートの由緒ある学校に移し植えられたまだ幼い魂が、9年の在学期間にたどってゆく幾変転。それは若いいのちの生長、展開、運動の絵図である。
(岩波文庫解説総目録より)

投票コメント

中高生のころ家の書棚にあった文庫本で読みました。主人公と同じ年代の多感な時期、主人公の心情に共感したり、憧れたりしながら読み進めていった記憶があります。繊細にな描写、品格ある訳、懐かしい世界にもう一度出会いたい。 (2006/09/27)

1

若い頃読んだ作品です。特に冒険も社会活動もなにも描かれていませんが、今改めて読むと、自分のことのようにも思われる、懐かしい内容です。このようなものを刺激がないからといってなくしたところに、現在の文学の浅さが生じたように思います。カロッサの深く、静かな世界をまた世に出したいものです。 (2004/04/16)

1

ファンは全集を読めばよい。 とはいえ、やはりなるべく多くの人に手にとって欲しい。 ぜひ、「幼年時代」とセットで。 (2004/04/29)

0

「幼年時代」で、作者は自らの幼年時代を書きつづった。単なる回想にとどまらず、ほほえましい出来事の中で精神の成長を描く内容は、奥が深い。その続編であれば、誰しも読みたくなろうというものです。 (2000/09/07)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

若き日の変転 カロッサ 著 / 斎藤栄治 訳
842円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/08/10
『若き日の変転』販売開始しました!
2000/09/07
『若き日の変転』(カロッサ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る