1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『密室大集合(エドワード・D・ホック 編)』 投票ページ

密室大集合

  • 著者:エドワード・D・ホック 編
  • 出版社:ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/04/12
  • ISBNコード:9784150741594
  • 復刊リクエスト番号:15755

得票数
12票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

密室犯罪をテーマにしたアンソロジーだと思います。序文の室長編のベストにて「魔の淵」が紹介されているはずです。

【内容紹介】
密室・不可能犯罪をテーマにしたアンソロジー。謎解きの醍醐味を満喫できるこの最も魅力的なテーマを、巨匠J・D・カー、パズル・ストーリーの第一人者ホックらが腕をふるって料理した逸品20編を収録!

【収録作品】
まえがき(エドワード・D・ホック)/山羊の影(ジョン・ディクスン・カー)/クロワ・ルース街の小さな家(ジョルジュ・シムノン)/皇帝のキノコの秘密(ジェイムズ・ヤッフェ)/この世の外から(クレイトン・ロースン)/鏡もて見るごとく(ヘレン・マクロイ)/七月の雪つぶて(エラリイ・クイーン)/ニュートンの卵(ピーター・ゴドフリー)/三重の密室(リリアン・デ・ラ・トーレ)/真鍮色の密室(アイザック・アシモフ)/火星のダイヤモンド(ポール・アンダースン)/子供たちが消えた日(ヒュウ・ペンティコースト)/魔術のように(ジュリアン・シモンズ)/不可能窃盗(ジョン・F・スーター)/ストラング先生と博物館見学(ウイリアム・ブルテン)/お人好しなんてごめんだ(マイクル・コリンズ)/アローモント監獄の謎(ビル・プロンジーニ)/箱の中の箱(ジャック・リッチー)/魔の背番号12(ジョン・L・ブリーン)/奇術師の妻(J・F・ピアス)/有蓋橋事件(エドワード・D・ホック)/作家紹介

【補足】
まえがきの中に、本書編纂の際に欧米の作家・評論家17人に対して実施した、密室長編ものの人気投票ベスト10の結果が記載されています。
[1位]三つの棺(ジョン・ディクスン・カー)/[2位]魔の淵(ヘイク・タルボット)/[3位]黄色い部屋の謎(ガストン・ルルー)/[4位]曲った蝶番(ジョン・ディクスン・カー)/[5位]ユダの窓(カーター・ディクスン)/[6位]ビッグ・ボウの殺人(イズレル・ザングウィル)/[7位]帽子から飛び出した死(クレイトン・ロースン)/[8位]チャイナ橙の謎(エラリイ・クイーン)/[9位]密室の魔術師(H・H・ホームズ)/[10位]孔雀の羽根(カーター・ディクスン)/[次点]帝王死す(エラリイ・クイーン)、暗い鏡の中に(ヘレン・マクロイ)、爬虫類館の殺人(カーター・ディクスン)、魔術師が多すぎる(ランドル・ギャレット)

新着投票コメント

密室はロマン (2012/10/07)

0

密室ときいただけで読みたくなります。 (2012/05/10)

0

密室好きなので (2008/04/01)

0

「密室」という言葉を聞くと心魅かれます。しかもアンソロジーですし。請う、復刊!! (2007/07/03)

0

面白そうなので読みたいです。特にシムノンが好きです。 (2006/10/31)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/04/12
『密室大集合』(エドワード・D・ホック 編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る