1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『履き忘れたもう片方の靴(大石圭)』 投票ページ

履き忘れたもう片方の靴

  • 著者:大石圭
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/02/17
  • ISBNコード:9784309008844
  • 復刊リクエスト番号:14813

得票数
18票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「覚えている限り、僕は今日まで、怖いと思ったことは一度もない」ペニスを残したまま豊胸する〈シーメール〉の肉体を選ぶ青年たち。男の性の孤独と哀しみに初めて迫る。【河出書房新社・内容紹介より】
『呪怨』の作者、大石圭のデビュー作(第30回文藝賞佳作)。

投票コメント

ただひたすら虚無感が漂う作品です。どんなに妖しげな場面が描かれていてもひたすら冷たく読者は突き放される。身体に性の昂りを感じていても主人公の精神はあくまで冷静。作者がこの後の作品でも扱うこうしたものをテーマにした感覚が既に息づいています。強烈ではありますがデビュー時に読んだ人の衝撃をもっと広めたいと思っているのでお願いします。 (2004/12/07)

1

最近、大石さんの本を読んでファンになりました。 決してハッピーエンドではないのに、切なくてある種の爽やかさが味わえる読後感が大好きです。 好きな作家さんの本は自分の本棚に並べたいものです。 現在、書店にでまわっている作品は購入して読破したのですが、 絶版ものに関しては手に入らない状況です。 大石さんの本は、読んだもの全てが期待を裏切らない出来でした。だから尚更、読みたい気持ちが膨らみます。 読みたいのに読めないもどかしさを何とかして欲しいのです。 どうか復刻してもらえるようお願いします。 (2004/10/05)

1

大石圭さんの本でなかなか手に入らないけどどうしても読みたいから (2008/03/30)

0

大石圭さんのファンで、まだ一度も読んだことの無い作品なので 一度読んでみたいと思って投票しました。 (2008/02/17)

0

大石圭さんの著書をあつめています。 (2008/01/12)

0

もっと見る

新着投票コメント

よろしくおねがいします (2008/04/12)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/11/20
救われぬ悲しみと虚無感を、凍るような視点と生々しい描写で描いた衝撃作!大石圭『履き忘れたもう片方の靴』 (20票)復刊決定!
2003/02/17
『履き忘れたもう片方の靴』(大石圭)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る