1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『スター・ウォーズ ハン・ソロ3部作 聖地の罠・ハットの策略・反乱の夜明け(A・C・クリ...』 投票ページ

スター・ウォーズ ハン・ソロ3部作 聖地の罠・ハットの策略・反乱の夜明け

得票数
116票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

銀河のならず者・自己中心のアウトロー、ハン・ソロの生い立ちとは一体如何なるものだったのか・・・子供の頃よりスリ、盗みなどあらゆる悪道三昧を仕込まれた孤児ハン・ソロは奴隷のような生活から自由を求めて飛び立つ!!! もちろんソロの愛機ミレニアムファルコン、バラン(悪党)ジャバ・ザ・ハットも登場しますので、主要キャラ以外のファンの方にも注目です。

投票コメント

ハン・ソロ大好きなんです! 元々文庫版派の私は、文庫版が出ることを期待してたんですが、いつの間にか絶版に。オークションを覗いてみても、法外な値が付いていて手が出ません。 是非是非復刊してください。 絶対に買います! (2005/09/26)

1

最近になってスターウォーズ書籍のコレクションをはじめましたが現在この商品を購入するにはオークションでしか方法がなく3冊セットになると1万円を超える高額にて取引されており、誰もが手の届きにくい価格となっているからです。 需要と供給のバランスが著しく崩れており、誰もが気軽にこの本を入手できるように再販をして頂きたくて復刊を希望します。 (2005/09/21)

1

スター・ウォーズ エピソード3を見て、小説も読んでみたくなりました。映画以外にたくさんの話があることを最近知って、どうしても読みたいです。いずれ、映画6作品のDVDを揃えようと思っているので、それとあわせて、小説も揃えたいと思います。 (2005/08/31)

1

何年か前、図書館で途中まで読んだんですが、3部作の2作目以降がどうしても見つからず、それ以来その先が気になってしょうがないです。 EP4~6にも登場するキャラクターとハン・ソロとの繋がりなど、映画の中で謎だった部分もいっぱいあって、とくにEP4~6からのファンにはたまらない作品です。 ぜひ復刊してほしいです。 (2005/08/06)

1

gyy

gyy

友人に貸したら戻ってこなかった・・ 小学生時にスターウォーズに出会い、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)の大ファンになり 発売と同時に購入したのに(>_<) 全部ないなら 諦めもつくのだが、最後の「反乱の夜明け」だけが無いのです。。 初版じゃなくてもいいので 手に入れて 読みたいのです。 復刊を切に希望してます!!! (2005/08/05)

1

もっと見る

新着投票コメント

懐かしい本なので (2017/04/12)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/10/27
『スター・ウォーズ ハン・ソロ3部作 聖地の罠・ハットの策略・反乱の夜明け』が規定数に到達しました。
2003/02/15
『スター・ウォーズ ハン・ソロ3部作 聖地の罠・ハットの策略・反乱の夜明け』(A・C・クリスピン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2009/08/03
「AMAZING STREET」「花と太陽と雨とオフィシャルファンブック+ガイドブック」「スターウォーズ ローグプラネット」「スター・ウォーズ ハン・ソロ3部作」「HYDEオフィシャル・バンド・スコア666」「メタルギアソリッド シナリオ・設定完全資料集」「海砂利水魚の教科書」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
2005/10/27
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る