復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

51

投票する

プラパ・ゼータ

プラパ・ゼータ

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 51

著者 流星香
出版社 講談社
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784062550291 9784062550420 9784062550611 9784062550758 9784062550901 9784062551038
登録日 2000/08/21
リクエストNo. 1453

リクエスト内容

イラスト 片山 愁 1991初版発行
(ネタバレの為伏せてある所があります)
「プラパ・ゼータ」という世界の話。異世界ファンタジーです。
突然訪れた世界の危機・・・地震や天候異常、腐敗した土,水、闇の世界…
女王や魔道士の努力の甲斐なく世界が滅ぼうとしたとき、
老魔道師は、わらをもつかむ思いで1つの伝説にすがる。
それは創世の女神、聖女ファラ・ハンを召還し同時に
ファラ・ハンに選ばれた3人が世界を救うというもの。
何ヶ月もの儀式の末に召還は成功するわけですが
世界の滅亡を画策するものによって聖女は・・・・・・が、なかった・・・!!
・・・という所から始まります。選ばれた人たちは選ばれるだけの理由が
あって、皆それぞれに自分を許さず磨いてきた人達です。
何の力もないけど内面から香る美しさや強さを持ってたり、
世界中を震撼させる蛮族、華麗な修羅、世界なんてどうでも良かったり
一族の仇だったり、見習い魔道士だったり、優しくて優しくて優しかったり、自己犠牲、自信のない女の子だったり、自然とどこまでも同じ存在だったり、深い罪の意識があったり、恐れたり、羨望したり、憎んだり、殺そうとしたり、癒そうとしたり、苦しんだり、拒否しながらも惹かれたり、苦しんだり、許されなかったり,愛したり…。聖女も含めてそれぞれに違った強さや美しさ、弱さを持っていて、個性的です。悪役サブキャラまで違った心を持って動いています。ディティールや話も面白く超美麗文体に惹き込まれるお話です。ラストに解る真実や理由、約束、優しさ、救いは感動的です。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全51件

  • プラパ・ゼータ外伝の金色の魔道公子は読んだことあるので本編はどんなお話か気になったので。近くの古本屋や図書館ももう処分してしまったらしくなさそうなので。あと新装版でぎゅっとまとめたお話で読みたいと思ったので。 (2014/02/04)
    GOOD!1
  • なんと!復刊リストに載ってしまうような状態になっていたなんて。

    のたうち回るほどこっぱずかしいこの作品が読めないなんて、持っていない人が可哀想です!
    時空界の聖戦士異世界編、精龍王、金色の魔導公子を含めて再版すべきです。

    ミゼルの使徒は……無くても良いかなぁ (2009/04/20)
    GOOD!1
  • 図書館にあったので、読んだら面白くてシリーズ全部一気に読んでしまいました。なんとか一冊買えたのですが、いつのまにか本屋になくて、ネットで調べても中古のものが、かろうじてあるだけ。
    新品で全部揃えたいので、お願いします!出たら絶対買います! (2005/10/27)
    GOOD!1
  • 本編「プラパ・ゼータ」シリーズ以下、続編3シリーズも全て持ってます。ですが、全ての始まりであるこの本編シリーズを復刊させないでおくには、とても惜しい逸品(?)な作品であると信じているので投票させていただきます。 (2004/11/28)
    GOOD!1
  • この作品は私の青春時代の思い出の作品であり、登場人物の真摯な生き様が現在の私たちが忘れてはならないことを教えてくれていると思います。
    この作品を機に日常生活に流されず、強く困難に立ち向かう精神と夢を追い続けることができました。
    発行から10年程経っていますが、今尚復刊を願う声が多いので(私も含む)是非復刊をよろしくお願いします。 (2004/05/13)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

全1件

  • プラパ・ゼータは乙女の究極の萌え!こんな名作が埋もれているのは悔しい。ぜひ大勢の人に読んで欲しい!

    名作です!冒険ものファンタジーの戦闘要素と、人間の業が晒されるダークな要素が絡み合い、
    重厚な世界観を作りだしています。何度読み返しても泣いてしまう切ない愛と、希望のあるラストが感動的。
    こんな名作が埋もれているのは悔しい。ぜひ大勢の人に読んで欲しい!

    世界観の設定が非常に緻密作りこまれていて、私の中では十二国記に並ぶくらい、設定が良いです。
    さらに主人公たち、敵キャラが全て個性的で、それぞれに固定ファンがつくほどキャラが立っています。
    これだけキャラが立っているのに、ストーリーがキャラ以上に良い!
    戦闘シーンや心理的駆け引きなども緻密に描写されるので、
    読み手は、ドキドキハラハラしつつ、笑ったり、泣いたり、嫌悪したり、うっとりしたり、
    あとは毎巻いいところで終わってしまう「ひき」の絶妙さに悶絶…。

    そして私がすごく良いと思うのが、全巻を通して描かれる人間の”心”について。
    孤独と愛、残虐と慈悲、優しさと偽善、など。心の奥底を抉られるような痛烈なインパクトのあるテーマ性を作者から感じます。

    とにかく、世界観にどっぷりハマれるところと、切ない愛(恋愛ではなく、愛!)が最高なので、ぜひぜひ皆に読んで欲しいです。 (2011/08/29)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2014/02/04
    『プラパ・ゼータ』が50票に到達しました。

  • 2000/08/21
    『プラパ・ゼータ』(流星香)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!