1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『入玉大作戦 逃げるが勝ち!(週刊将棋/編)』 投票ページ

入玉大作戦 逃げるが勝ち!

  • 著者:週刊将棋/編
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/11/23
  • ISBNコード:9784895636551
  • 復刊リクエスト番号:13479

得票数
25票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

勝ちの将棋を落としたくないあなた、優勢でも決め手が分からないあなた、自陣がボロボロの苦戦でも負けたくないあなた…三十六計逃げるにしかず。入玉のコツを会得すれば実戦も勝率倍増だ。

だ、そうです
気、気になる・・・ー。-;

新着投票コメント

類書がなく、内容も丁寧で入玉感覚の大事な所をわかりやすく解説した本。 コンピューター将棋でも持っていない感覚なので、今こそこの本を復刊してもらって色んな人に読んでもらいたい。 (2017/08/23)

0

読んでみたい (2015/05/25)

0

入玉で逃げ切ることのみに的を絞った本がないから (2013/04/14)

0

k#

k#

棋書を評価する某サイトで大変高評価でした。 こんなコンセプトの本、他にありませんものね。 是非読んでみたいです。 (2012/03/06)

0

入玉の本は本当に貴重です。感覚を身につけたい。 (2010/07/28)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • 棋界唯一?の入玉本

    こあら 2017/08/05

    入玉するためのテクニックをまとめた一冊。
    これを読んでからネット将棋で必敗の将棋を逆転することが増えました。
    入玉だけを扱った本はこれ以外ないのでは?
    中古でも高額で取引されている希少本ですが、将棋を指される方は読んで損なし!

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/04/20
『入玉大作戦』販売開始しました!
2002/11/23
『入玉大作戦 逃げるが勝ち!』(週刊将棋/編)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2010/01/20
「相振り革命」「新相振り革命」「詰みより必死:終盤の超発想法」「入玉大作戦 逃げるが勝ち!」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
2009/11/09
「消えた戦法の謎」「消えた戦法の謎 あの流行形はどこに!?」「ザ・必死」「入玉大作戦 逃げるが勝ち!」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

TOPへ戻る