復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

65

投票する

「リンドバーグ第二次大戦日記」全2冊




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 65

著者 チャールズ・A・リンドバーグ
出版社 新潮社
ジャンル 専門書
登録日 2002/10/31
リクエストNo. 13077

リクエスト内容

アメリカ軍が、日本人をどのように扱っていたか……というか、捕虜
をまったく取らずに虐殺していた様子などが色々書かれているらしい。
是非読んでみたい物だし、絶版にするべきではない書物。

自分が一度読んでみたいと言うのもあるが、がんばって出版し続けて欲しい書物だと思う。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全65件

  • 最近ネットでこの書物のことを知りました。
    是非読んでみたい! (2015/01/26)
    GOOD!1
  • 第二次世界大戦期、日本兵への扱いについて知らないことが多すぎると感じました。調べているとこの書籍の名前をよく見かけるのですが、読むことができず、残念と感じています。今年、戦争についての映画が例年よりもピックアップされていることもあり、興味を持っている人は数多いのではないかと考えます。 (2013/08/23)
    GOOD!1
  • 先の大戦の我々日本人には知らされていない真実が、連合国側の記者であったリンドバーグによって、国籍を超えた客観的、人道的立場から真実の記録が綴られています。マスコミが決して報じない内容ですが、日本人覚醒の名著であると信じます。
    故に、復刊を大いに希望するものです。 (2009/03/16)
    GOOD!1
  • 田母神論文があれほど政治家、マスコミから非難されるのは自虐史観、東京裁判史観が未だに蔓延している証拠。
    彼らの目を覚まさせる一環として米兵の不法・残虐行為をアメリカ人がその目で見たありのままを日記にしたこの名著を是非復刊して欲しい
    小生は雑誌「正論」00年5月号で紹介された「リンドバーグの衝撃証言」で知りました。 (2009/03/04)
    GOOD!1
  • ぜひ読んでみたい本です。
    大西洋横断飛行のリンドバーグ氏は、ネット上で引用されている記述から推測するに、同国人である米兵の残虐行為に心を痛めながら記録していたように思います。
    この本が復刊して広く認知されるようになれば、米国に対する非難というよりは、誤った思い込みが強い日本人に対して、喪失した歴史と肯定的思考を取り戻す一助になるのではないかと期待します。 (2007/06/25)
    GOOD!1

もっと見る

NEWS

  • 2002/10/31
    『「リンドバーグ第二次大戦日記」全2冊』(チャールズ・A・リンドバーグ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!