1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ハイラム氏の大冒険(ポール・ギャリコ)』 投票ページ

ハイラム氏の大冒険

  • 著者:ポール・ギャリコ
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/08/01
  • ISBNコード:9784150401160
  • 復刊リクエスト番号:1291

得票数
63票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票コメント

ポール・ギャリコの原点ともいえる心優しき騎士ハイラム氏(但し見かけはショボ)もう一度彼に会いたい! 冒険小説でありながら、可笑しく、哀しい、とても優しい読後感に浸れる作品なんて、そうそうお目に掛かれません。 (2005/10/30)

1

おそらく、20数年前にハヤカワ文庫(たぶん)で購入し、本を読んで泣きたくなると2,3年に1度読み返していました。 ところが、しょっちゅう、友人たちに勧めて貸していたので紛失! 今回の泣きたく発作は「カーラのゲーム(下)」のラスト40ページでごまかしましたが、早めに入手できないと困る。非常に困る。 侍女がこうもり傘にキス・・・。 (2005/05/16)

1

私の小学校時代に、白黒テレビで「ハイラム君乾杯」と言う番組があり、毎回楽しみに見ておりました。現在も、大変懐かしく思っておりましたところ、この原作はポール・ギャリコの「ハイラム氏の大冒険」であることを知り、早速書店に注文した結果、すでに絶版とのこと、大変残念な思いでおりました。今回この投票の機会を知り、是非復刊の希望に投票いたしました。 (2005/03/31)

1

ポール・ギャリコの大ファンです。好きになった時にはもう、ほとんどの作品が手に入れることができず、すごく悲しいです。 ギャリコの作品は、自分に子供ができたら読み聞かせて上げるつもりです。なので、未出版作品も含め、復刊希望です。 (2002/09/12)

1

古書店で偶然入手したので、黄ばんでボロボロ・・。 新しいものに買いなおしたいと思ってました。 確かに、表紙イラストは少しコミカルすぎたかもしれないですね~。 内面の男らしさで勝負するハイラム・ホリディ氏、とってもダンディで、素敵でした。 ぜひ復刊して、新しい読者が増えることを願っています。 (2002/05/13)

1

もっと見る

新着投票コメント

昔、中学校の先生に、主人公のあだ名がついた人がいました。 そのため、本が発売された時、購入し読みましたが、本を廃棄しました。 また読みたくなり投票します。 (2013/05/12)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 上・下

    普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 上・下

    18 個

    【著者】ポール・ギャリコ 著 / 東江一紀 訳
    【発送】3~6日後

    ポール・ギャリコのデビュー作が普及版で復刊!  表紙イラスト、は「ハリスおばさん」シリーズのサカイノビー。 新...

    4,968 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/04/18
『普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 上』復刊決定!
2014/04/18
『普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 下』復刊決定!
2014/04/18
『普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 上・下』復刊決定!
2000/08/01
『ハイラム氏の大冒険』(ポール・ギャリコ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2007/03/07
復刊ドットコムでは、作家別特集と題して、ポール・ギャリコを取り上げています。

5月には、ブッキングより「ハイラム・ホリデーの大冒険」が上下巻で発売に!

どうぞお楽しみに!


2007/03/06
「ハイラム氏の大冒険」にリクエストをいただいていた皆さまにお知らせです。

5月発売予定で復刊が決定いたしました!タイトルは改題し、「ハイラム・ホリデーの大冒険」。

上下巻で堂々の登場です。イラストは、ハリスおばさんシリーズのサカイノビー氏描き下ろし!

どうぞご期待下さい!




スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る