1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『超越のことば(井筒俊彦)』 投票ページ

超越のことば

  • 著者:井筒俊彦
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/07/28
  • ISBNコード:9784000013611
  • 復刊リクエスト番号:1260

得票数
55票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

神が語り、宗教が始まる。神のことばは、預言者を通じて人々に語りかけられる。神の言語行為とした下された啓示は宗教の核となり、歴史的に展開して特有の文化を創造する。イスラーム・ユダヤ哲学、そして古代インド哲学における神の言語行為へと迫る碩学の思索は、唯一絶対神に帰依した諸民族の心性をあますところなく描きだした。(本やタウン検索の内容情報による)

投票コメント

コスモスとアンチコスモスが復刊された。イスラムに対する関心が高まる中で、イスラムと仏教・道教を東洋思想の体系に統合し、かつ西洋におけるグノーシス思想やユダヤ思想の神秘主義との関連を追及した井筒先生の思索は、時代を先駆けたものであり、今こそ読まれるべきであると思われる。ぜひ復刊してほしい。 (2005/07/11)

1

奥様の井筒豊子さんの「白磁盒子 」(中公文庫)と「アラビア文学史」を読みましたが内容と文体に惹かれるものがありました。興味のある内容ですし、井筒豊子さんの旦那様の書かれた本ですし、みなさんのコメントを読んでも素晴らしいように思います。「私の選んだ文庫ベスト3」(丸谷才一編 ハヤカワ文庫)でも遠藤周作が絶讃していました。 (2003/12/18)

1

まさにH.N. さんが書かれたとおりです。彼が見つめた存在分節の思想こそ、世界と言語のありかたの本質であり、そうした意味で『超越のことば』が現在、著作集に入っていないことで読みにくい状況にあるのはなんとかしなければならないと思います。 (2000/08/10)

1

井筒俊彦は、仏教哲学、老荘思想、イスラーム哲学といった東洋の哲学を、現代的な実存意識、そして次代の哲学を見据える創造的な視座から読み直し、哲学や宗教の根柢にある人間意識のゼロポイント・言語アラヤ識を見つめました。自らがそこに新たな創造性を打ち立てていくという点で、このような人こそ真に「哲学者」と言い得る存在だと思います。もう一度その広大な意味磁場をたどり、新たな時代の哲学を模索するためにも、中央公論社の著作集には含まれていないこの著作を、ぜひとも復刊(重版)してほしいと思います。 (2000/07/28)

1

井筒先生は世界的な東洋哲学・言語哲学の碩学です。本書もぜひ読んでみたいです。 (2013/09/05)

0

もっと見る

新着投票コメント

古書が入手しにくいため。 (2014/05/14)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2000/07/28
『超越のことば』(井筒俊彦)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る