1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『雪の炎(森雅裕)』 投票ページ

雪の炎

  • 著者:森雅裕
  • 出版社:森雅裕ご自身
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2002/07/31
  • 復刊リクエスト番号:11432

得票数
183票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

森雅裕さんによって封印されているため、不明です。
森会の一部で配布されたようです。出版はされていません。

投票コメント

今 やっと手に入れた「蝶々夫人に赤い靴」を読んでいます。 「雪の炎」なんて、知らなかった!!! 「さよならは2Bの鉛筆で」のヒロインは鮎村尋深に共通する ところ 多々あり!  かっこいい!! 12冊ほど持っていますが、コミカルでニヒルで博識な世界? 落語にも通ずるのか?  何故か心惹かれます。 工芸の修行に励んでおられるのかもしれませんが、ドラマ化 されたら、きっと受ける筈。 役者を選ぶけど……点は6つ と云っておられたので、ちゃんと守っていますよ! 世に出て欲しい! (2011/03/23)

1

鮎村尋深シリーズの第1作目と出会ったのは、まだ学生のころでした。その後、2作目、3作目と読み進んだのですが、続編があったことを知ったのはつい最近のことでした。4作目と合わせて、ぜひ読みたいので、よろしくお願いします。 (2011/03/21)

1

自慢ではないですが、森氏の本は(市販されているものに限りますが)すべて持っています。 ただ、悲しいかな書店などで購入できたのは、5~6冊で本当に読みたい作家なのに、手に取るまでの苦労は半端ではありません。 この本の存在もネットで知りましたが、ファンが簡単に手に入れられる様、関係各者の方の頑張りに期待します。 本当によろしくお願いします。 (2004/05/02)

1

ちょうどピアノや声楽をやり始めた頃に森作品と出会い、美術や 音楽だけにとどまらずバイク、刀など(笑)多岐にわたる造詣の 深さに舌を巻きました。そして登場人物たちの長いものには意地 でも巻かれない不器用な生き方に憧れ、共感しました。どうして 森先生がこんなに不遇な扱いを受けているのか納得できません。 往年の天才たちのように死後百年経って世に認められるなんて更 に納得できません!というわけでよろしくお願いします。 (2003/08/20)

1

そんな作品があったとは全く知らなかった。『愛の媚薬もう少し…』もそうだけど、どうして出版してくれるところがないのかなぁ? そういうことでココがあるんだろうけど、 出版社の方へ! ぜひおこの二作品を世に送り出してください!! (2003/05/09)

1

もっと見る

新着投票コメント

「愛の妙薬、もう少し…」を手直しをすると言って、もう数年。「雪の炎」は森先生によって封印?どんな理由?尋深と音彦に、また会いたいです。二人の行く末やいかに。 (2019/06/12)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/12/29
『雪の炎』が規定数に到達しました。
2002/07/31
『雪の炎』(森雅裕)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2004/12/29
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

TOPへ戻る