復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

尾崎放哉句集

尾崎放哉句集

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 尾崎放哉
出版社 春陽堂文庫
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784394700500
登録日 2002/06/12
リクエストNo. 10641

リクエスト内容

自由律の俳人尾崎方哉の句集です。
1885年鳥取生まれ。一高から東大法学部。東洋生命保険勤務。バリバリのエリートですが、ひどい酒乱で、結局38歳で社会から外れてしまい、妻子と別れて、方々の寺男になる。最後は小豆島の南郷庵に住み、42歳でなくなります。

春の山のうしろから煙が出だした
肉がやせて来る太い骨である
掛取りも来てくれぬ大晦日も独り
入れものが無い両手で受ける
漬物石がころがって居た家を借りることにする
障子あけて置く海も暮れきる

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 尾崎放哉のコンパクトな句集が欲しい。
    本書は現在、品切れ中とのこと。 (2002/06/12)
    GOOD!0

NEWS

  • 2002/06/12
    『尾崎放哉句集』(尾崎放哉)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!