1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『DOOWUTHYALIKE(ドゥワッチャライク)(小沢健二)』 投票ページ

DOOWUTHYALIKE(ドゥワッチャライク)

  • 著者:小沢健二
  • 出版社:マガジンハウス
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2002/05/18
  • 復刊リクエスト番号:10047

得票数
327票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

94年から97年にかけて雑誌オリーブに連載されていたエッセイ。
単行本化が予定されながら実現せず。
彼の世界観が良く表れていて文章としても非常に面白く、才能を感じさせる。
小沢健二を語る上で欠かせないものであると思う。

投票コメント

雑誌「オリーブ」で連載された不朽の名作「ドゥワッチャライク」。近年ではライブ会場で一部作品を収録した冊子が販売されたり、2015年には雑誌「GINZA」の付録「おとなのオリーブ2015」にて「2199年のドゥワッチャライク」が収録されたりなどしましたが、できれば全話読みたいので、完全版の刊行を希望します。 (2016/06/30)

2

1989年から今までずっと、小沢健二の作品に魅了され続けています もともと愛読していた雑誌に連載されていたこの作品は、 わたしがちょうど少女から大人になる頃で 少しずつ、あの可愛い雑誌から離れつつある時でした。 なので、雑誌から切り抜いて取っておいてもいませんし 読んでいない回もあります。 まさか20年以上経っても、変わらない新鮮さで好きで居続けるとは思っていませんでした。 CDは飽かずリアルに聴いているし、コンサートがあると知れば行っています。 あとはもう、『ドゥワッチャライク』だけなんです (2014/03/20)

2

綾

これほどの名作がどうして、書籍化されないのかずっと不思議です。 毎月、毎月、楽しみに、これを読むのだけを楽しみにオリーブ購入してました。 今の小沢健二さんのスタイルじゃないから、本人からの許可が難しいかもしれ ませんが、是非とも実現してもらいたいです。 (2010/06/24)

2

「ひふみよ」へ行ってからというもの、オザケン再聴の日々が続いています。同時に「うさぎ!」を少しずつ読み進めている最中なのですが、あらためて小沢健二という人の文章に痺れています! サリンジャーの「ライ麦畑」とか、庄司薫の「赤頭巾ちゃん」を彷彿させるすごい文章だと思います。(この2作とは、内容は全く異なるものです。念のため) ぜひ昔の文章も読んでみたいです。 それにしても、このオリーブの連載、厳密には復刊ではないのにリクエストされているなんて、さすがオザケン! (2010/06/21)

2

彼の生み出す音楽・文章は、時を経ても色あせません。 私達がそれなりの人生経験を積んだ後だからこそ、今またあの文章を読みたいです。懐かしさだけでなく、新たな発見と喜びがあるのだろうと思います。ひふみよツアーを観て実感しました。 CDなら繰り返し繰り返し、辛い時楽しい時、人生を共に出来るのに、 雑誌の連載だとなかなかそうはいきません。小沢さんが13年振りにコンサートを行っている今年こそ、単行本化をぜひぜひお願いします。 (2010/06/13)

2

もっと見る

新着投票コメント

高校生の頃読んでいました。もう一度読みたいです。 (2018/07/10)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 小沢健二作品集 「我ら、時」

    小沢健二作品集 「我ら、時」

    在庫なし

    【著者】小沢健二
    【発送】3~6日後

    2012年3月から4月にかけて東京オペラシティにて行われた「東京の街が奏でる」コンサート、そして全国で開催された、小沢健二...

    15,428 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2012/08/16
『小沢健二作品集『我ら、時』』復刊決定!
2003/05/16
『DOOWUTHYALIKE(ドゥワッチャライク)』が規定数に到達しました。
2002/05/18
『DOOWUTHYALIKE(ドゥワッチャライク)』(小沢健二)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2010/06/25
「DOOWUTHYALIKE」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認 【6/24(木)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、引き続き出版社へお願いしています。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2010/04/21
「川久保玲とコム デ ギャルソン」「DOOWUTHYALIKE」「のんちゃんジャーナル」「高野文子の蔵出し(未収録作品集)&画集」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認 【4/20(火)】

復刊検討の進捗状況を関係各所へ確認いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2010/03/05
「DOOWUTHYALIKE」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》打診後の進捗を確認 【3/4(木)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、出版元へ改めてお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
2009/12/09
「川久保玲とコム デ ギャルソン」「DOOWUTHYALIKE」「のんちゃんジャーナル」「高野文子の蔵出し(未収録作品集)&画集」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
2006/09/21
交渉情報追加
出版社ご担当窓口の方にお会いしました。
(交渉先:出版社)
2004/07/30
交渉情報追加
復刊の検討を開始していただきました。ただし、復刊が難しい状況と聞いております。引き続き皆様からの情報提供、投票をよろしくお願い致します。
(交渉先:出版社)
2003/05/27
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2003/05/16
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

エッセイに関するQ&A

白黒の写真のページが時々出てくるエッセイ本

4年ほど前に娘が大学に入学し上京した時、立川駅のお洒落な本屋さんで買って読みました。女性向けという感じ。表紙やタイトルは覚えていないのです。わりと薄い文庫本でした。 かすかな記憶しか無いのですが、...

TOPへ戻る